トップAFVドイツ対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 その6 一気に組立て完了

« »

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 その6 一気に組立て完了

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 90-6


ハンダ付けで偽装ネットのフックを工作

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 極小パーツをハンダ付け

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 極小パーツをハンダ付け

車体の側面に付ける小さな手すりがあります。擬装ネット装着用の手すりでしょうか。これが極小の手すりパーツを、これまた極小の台に接着しなければなりません。ここでハンダ付けが活躍しました。

今まではこの工作は瞬間接着剤で行っていたのですが、どんなに気をつけてもピンセットの先に接着剤が付いてしまい、気がつくとピンセットも一緒にくっついてしまうのです。そして無理にはがすとお約束通り、ピンセットにパーツが接着したままで、パーツ同士はバラバラになってしい、ムキーッ(怒)!となるところです。

しかしハンダ付けならば、ハンダメッキしたパーツ通しをくっつけてハンダゴテを当て、ハンダが溶けた頃にコテを外します。すぐに冷えて固まりますが、ステンレス製のピンセットにはハンダは全く付きません。見事に真鍮製のエッチングパーツ同士だけが固定されました。

さらにその固定はかなり頑丈で、接着後サンドペーパーで手すりに残るゲートを削り取ることもできます。いままではこんな小さなパーツに残ったゲートは簡単には削ることができませんでした。下手に力をかけると、せっかく接着した箇所が外れてしまうからです。

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 極小の偽装ネットフック

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 極小の偽装ネットフック

これが車体に取り付けられたフックです。こんな小さなパーツが、こんなに楽に接着できたのは初めてです。ハンダ付けって良いですよ。是非皆さんにもお勧めします。高熱を扱うので多少注意は必要ですが、道具もそれほど高価ではないので、コストパフォーマンスは高いです。

細かなパーツの取り付け

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 細かなパーツの取り付け

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 細かなパーツの取り付け

いよいよ最後に残っている細かなパーツを車体に取り付けます。いつも最後にしているのは、工作の途中で折ってしまうことが多いからです。でも今回は車幅表示ポールも真鍮製なので、少し安心です。

ヘッドライトにはソフトワイヤーでコードを追加しておきました。これも251シリーズではお約束ですね。と言いながら、未だにコードの行き先は怪しいままです。(+_+)\バキッ!

2cm対空機関砲Flak38の組立て

対空自走砲 2cmFlak38の組立て

対空自走砲 2cmFlak38の組立て

車体が完成したので次は対空機関砲の製作です。と言って、もう完成した写真です。トライスターの Flak38後期型を作っているので、手慣れたものです。サクサクとやっつけました。

ドラゴンの Falk38 は型について何の記述もありませんが、トライスターとは細かなところで異なっていますから、初期型かもしれません。エッチングパーツに置き換える部分もトライスターとは解釈が異なり、なかなか興味深いものがあります。

できあがって見ると、トライスターのような繊細な精密機械的な雰囲気は少ないものの、角度を選択してかっちりと組み上げるところは作りやすいですね。ただ、ドラゴンの説明書は毎度のことですがわかりにくく、先にトライスターのキットを作っていなければ解釈に困る部分がしばしばありました。これは困りものです。

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 2cmFlak38の組み立て

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 2cmFlak38の組み立て

エッチングパーツもほとんど使い方の指示が無く、蝶ねじなどは全く説明書に記述がありません。そこで、トライスターの説明書を引っ張り出し、取り付けておきました。

またシールドの前に付く小さな輪っか8個もまったく説明書に記載されていないのですが、エッチングパーツにはちゃんと含まれているので、実機の写真を参考に付けておきました。

その他の工作としては、あちこちに付けられているチェーンと、照準器に付けられた2本のコードを追加しました。これは実機の写真とトライスターの説明書を参考にしています。

組立て完了

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 組立て完了

対空自走砲 Sd.kfz.251/17C型 組立て完了

これにて Sd.kfz.251/17 の組み立てが完了しました。対空機関砲は台座ごと車体に載せてあるだけです。塗装がすんだら接着するつもりですが、接着しなくてもいいかも。

大きく開いた同隊と、ものものしく乗っかっている対空機関砲のおかげで、なんだか 251 じゃないみたいですよね。Pak40搭載型やUHUも相当大きなものが乗っかっていますが、この Flak38搭載型はガチャガチャしたものがのっかてる分だけ、一番印象が変わってしまっているような気がします。

(全作品完成まで あと13)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »