トップAFVアメリカM4 88mm自走迫撃砲 その4 車体下部の汚し

« »

M4 88mm自走迫撃砲 その4 車体下部の汚し

Category : AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 93-4


M4 88mm自走迫撃砲 車体下部の汚し

M4 88mm自走迫撃砲 車体下部の汚し

車体上部の組み立てに進もうと思ったのですが、ここまで塗ったのならと思い、そのまま仕上げに入りました。

ほぼ黒に近いセピアでウオッシング。車体色が濃いのであまり目立ちませんが、これをすると後ですすけた雰囲気になっていいんですよね。そしてエナメルでドライブラシです。前作の零戦ではドライブラシをほとんどしなかったので(インテリアだけしました)、久しぶりにドライブラシをしたような気がします。

ジャーマングレーとハルレッドでチッピングをするのですが、余り目立ちませんね。この色の車輌はチッピングが目立たないのです。

タイヤと履帯の泥づまりは、MIGピグメントのヨーロピアン・ダストをエナメル溶剤で練って、隙間に練り付け、乾いたら綿棒で地面に当たる部分をこすり落とします。その後ダイソーで購入した105円のナイロンの筆で余分をごしごしと落としながら、さらにピグメントの塗装の端をぼかしていきます。

ヨーロピアンダストとインダストリアル・シティ・ダストなどを使ってさらに隙間のホコリ汚れを付け、最後にスモークのMIGピグメントで排気管周りの煤汚れを付けました。

それにしてもMIGピグメントは便利ですね。これが全色いつもそろっているのですからモケモケさんには感謝です。海部郡蟹江町なんて住所だけ聞くと田舎のような気がするのですが、それほど不自由を感じないので、都会にも負けてないかな・・・って思えます。

(全作品完成まで あと12)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »