« »

ドイツ・7.5cm対戦車自走砲マーダー3H型 その12 完成!!

Category : 完成 AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トライスター Post : 101-12

泥汚れ

対戦車自走砲マーダー3H型 ウエザリング

対戦車自走砲マーダー3H型 ウエザリング

ピグメントでウエザリングです。いつもはアクリル溶剤で溶いたMIGピグメントを塗りつけ、乾いたら余分をこすって落とすと言う方法で汚しをしているのですが、今回はもう少しピグメントの定着を良くしようと思い、ピグメントにアクリルレジンというドロドロの糊のようなものを混ぜてみました。これもピグメント同様にMIGプロダクションの製品で、ピグメント専用の添加剤です。

効果の程度がわからなかったので、ほんの少しだけ混ぜてみましたが・・・
なんとビックリ、コテコテに固まってしまいました。いつもは粉っぽく仕上がるのですが、今回は完全に乾いてもドロドロです。今まさに畑の中から出てきたばかりになってしまいました。

余分のピグメントは後から落とせば良いやと考えていたのですが、後の祭りです。がっちりくっついてしまいびくともしません。あ~あ、やっちゃった。

しかたがないので、さらに粉のピグメントをその上からこすりつけて、乾いてかさかさの部分も作り不自然に成らないようにしました。

チッピングと仕上げ

今回は戦闘室を中心にかなり多めにチッピングを入れました。ただ、3色迷彩がチョット濃いめになってしまっているので、チッピングが目立ちません。

最後の仕上げはいつものようにセピアのパステルです。入り隅を中心に全身くまなく浴びせていきます。ついでに、装甲板の中心あたりに白っぽいピグメント(インダストリアル・シティ・ダスト)で退色表現をしてみましたが、効果のほどはどうでしょうか?

これにて車輌は無事完成です。

フィギュアを乗せる

ドイツ・7.5cn対戦車自走砲マーダー3H型 1/35 トライスター

対戦車自走砲マーダー3H型にドラゴンのフィギュアを乗せる

ドラゴンの自走砲兵セットを乗せてみました。いままでの仮り組み段階でも、ドライバーはチョットきつかったのですが、本格的に戦闘室を接着しようと思うとやはり干渉します。しかも主砲がまっすぐ前を向かなくなってしまいます。

乗せるのを止めようかとも思ったのですが、結局は足をちょん切って乗せることにしました。どうせ背中から上しか見えませんからね。(背中から上も、注意深くのぞき込まないと見えませんけど・・・)

砲手は狭い室内で身動き取れません。デッキの上の二人は足に0.7mmの真鍮線を刺して、車体に開けた0.8mmの穴に差し込んであります。

空の薬莢はトライスター(AFVクラブ製)のものとドラゴンのフィギュアに付属してきた物の両方を乗せてあります。車輌の砲弾ラックの空の部分と数が合いませんが、そこはご愛敬ということで・・・
トライスターの空薬莢には穴が開いていませんから(普通のメーカーは開いてません、ドラゴンがすごいんです)、ドリルで穴を開けておきました。

完成!!

ドイツ・7.5cm対戦車自走砲マーダー3H型 1/35 トライスター

ドイツ・7.5cm対戦車自走砲マーダー3H型 1/35 トライスター

究極のできをめざしたトライスターのマーダー3H型。細かなパーツも多く、説明書もややわかりにくいため上級者向けではあるのですが、さすがにできあがりはすばらしいですね。オープントップ車輌ということで、戦闘室は丸見え、運転席もやや見えで、その再現性はフルインテリアキットのエデュアルドのヘッツァー(8000円もします!)を完全に凌駕しています。

今回初めてほとんどラッカーで塗装してみました。不慣れなせいか、塗料の濃さの調節にとまどい、迷彩塗装に思いの外苦労しました。まだまだ修行がたりませんね。

組み合わせたドラゴンのフィギュアはジャストフィットというわけにはいきませんでしたが、この小さな車体ですからいたしかたありません。トライスター(車体)とAFVクラブ(主砲)のコラボレーションキットにドラゴンのフィギュアを乗せたので、新興アジア3大メーカーがこの1台に凝縮されました。

前から見たマーダー3H型です。複雑な形状の戦闘室の防盾も箱組みですがキッチリと組み立てられます。真横から見たマーダー3H型です。エアブラシの細吹きの調節があまりうまくいかず、迷彩塗装のできはイマイチです。後ろから見たマーダー3H型です。エンジンのせいで、戦闘室デッキはかなり高い位置にあります。これでは這うようにしていないと、防盾に隠れることはできません。真上から見たマーダー3H型です。戦闘デッキの穴あきボードの穴は面のカーブに対して垂直に開いていないので、パテで埋めてから垂直に開け直しました。マーダー3H型の戦闘室内部です。主砲のPak40は丸見えですね。苦労して作ったインテリアはまるで見えません(涙)。いつものインチキ合成写真です。森の中で待ち伏せをするマーダー3H型です。

(全作品完成まで あと22)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »