« »

3.7cm対戦車砲Pak35/36 その2 組み立て完了

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 103-2

防盾の組み立て

3.7cm対戦車砲Pak35/36 防盾の組み立て 

3.7cm対戦車砲Pak35/36 防盾の組み立て

大砲の薄い防盾はエッチングパーツを使用すると一番引き立つところです。ここは100%エッチングパーツで置き換えられるので、もはやタミヤのキットの面影はありません。

装甲板の上に付いている小さなモールドは別のパーツを曲げて接着するのですが、あまりの小ささに、指定通り曲がっているのかよくわかりません。裏表に折り曲げるための溝が彫ってありますから、適当に曲げればそこで曲がるはずです・・・ホントカ?

脚の組み立て

3.7cm対戦車砲Pak35/36 脚の組み立て

3.7cm対戦車砲Pak35/36 脚の組み立て

この足のパーツも中心の取り付け部分を除いて、プラパーツはほとんど棒だけに削り取ってしまいます。そしてそこにエッチングパーツを取り付けます。奥が未処理の物、手前がエッチングパーツに置き換え済みの物です。かなり印象が変わってきます。このキット(エッチングパーツのキット)では、ここが一番の難所になります。

砲の形になりました

3.7cm対戦車砲Pak35/36 砲の組み立て完了

3.7cm対戦車砲Pak35/36 砲の組み立て完了

それぞれ組み上がったパーツを組み立てると対戦車砲の形になりました。7.5cmPak40に比べると相当小さいですね。一抱えもある7.5cm砲弾に比べて、この3.7cm砲弾は片手で持てますからね。こんな小さな大砲では重装甲のソ連戦車を打ち抜くことはできません。ただコンコンと当てるのが精一杯で、ドアノッカーと言われても仕方がありません。

つでにフィギュアも

3.7cm対戦車砲Pak35/36 フィギュアの組み立て

3.7cm対戦車砲Pak35/36 フィギュアの組み立て

夏休みの宿題をため込んで、夜遅くまでがんばる次女につきあって、お茶の間モデリングは続きます。結局フィギュアの組み立てまで進んでしまいました。

首がほとんど無い、手がグローブみたい、ブーツの先が子供の靴みたいにふくらんでいる・・・など、タミヤの初期のフィギュアの悪いところが全部入っているのですが、ポーズはなかなかカッコいいし、肩や腰のパーツの合いはバッチリです。さすがはタミヤ品質です、ほとんどパテ埋めの必要がありません。腰は若干隙間が空くのですが、ドイツ兵は装備品が腰の周りにびっしりつくので、埋めなくても見えません。

ヘルメットは顔の塗装が済んでから接着です。背中に背負うライフルも同様です。

(全作品完成まで あと22)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »