トップ完成Feldkrankenhaus(野戦病院)  その6 完成!!

« »

Feldkrankenhaus(野戦病院)  その6 完成!!

Category : 完成 ジオラマ

Scale : 1/35 Maker : Post : D9-6


小物の追加

Feldkrankenhaus(野戦病院)  赤十字の旗

Feldkrankenhaus(野戦病院)  赤十字の旗

いよいよ完成に近づいてきました。建物も素のままでは寂しいので、少々小物を追加します。最初は赤十字の旗です。これが付くといかにも病院って感じになりますね。旗はティッシュペーパーで作りました。真ん中の赤十字のマークはキューベルワーゲン救急車に付属のデカールのあまりです。

Feldkrankenhaus(野戦病院)  壁の破れたポスター

Feldkrankenhaus(野戦病院)  壁の破れたポスター

これは角を回ったところの路地に面した壁に貼られたポスターです。元々はホワイトタイガーさんが某模型店のコンテストで仲田師匠賞に輝いたときの受賞記念祝賀会(ちょっとおおげさか?)の引き出物にいただいたポスターです。これをさらにスキャナで取り込んで、パソコンで退色表現を加えてプリントアウトしました。やはりプリントアウトをスキャンですから粒子が粗く成りすぎましたね。

完成!

Feldkrankenhaus(野戦病院)  Diorama #9

Feldkrankenhaus(野戦病院)  Diorama #9

車輌やフィギュアを配置して完成です。キューベルワーゲンは道路を走ってきて、路肩に寄せた所ですから、ステアリングが微妙に切られています。状況からして、抱きかかえられている負傷兵がこのキューベルワーゲンで運ばれてきたことになります。

ナースとドクターがこれを迎えていますが、ドクターの視線がちょっとずれています。はやりダイオラマを作るときは、配置を計画しながらフィギュアを作らないとポーズが自然にできません。先にフィギュアを作ってはいけませんね。へへへ・・・反省っと!

とりあえずこれで完成です。初めてのバキュームフォームキットはなかなかの難物でした。作るのに非常に手間がかかります。でもできあがりは結構満足できるもので、崩れかけたレンガのテクスチャなどは自分で作ろうと思うと大変でしょうね。でも、次は自作の建物に挑戦してみようかとも思います。

建物の大きさはイメージしていたよりもかなり大きく、実際に日本の建物よりもヨーロッパの建物は大きいということなんでしょうね。日本人的感覚で行くなら、もう少し小さめに作っても違和感は無いかと思います。その方が省スペースにもなるでしょうね。

今回は完成しているキットを使ってダイオラマに仕立てたので、在庫がひとつも減りません。新製品がどんどん発売になっているというのに・・・さらに、モケモケ展示会のテーマが11月~翌年5月まで戦車がありません。(一応3月はソフトスキンなんですけどね)。これはピンチです。戦車の在庫が増え続けることになりそう。みなさん、どうします?

野戦病院のダイオラマを右側から見た様子です。路地につながる壁には日に焼けたポスターを貼ってみました。こうしてみると建物って大きいですね。野戦病院のダイオラマを裏側から見た様子です。簡単に床までは作りましたが、インテリアはなにも置いてありません。作るのが面倒ですからね。(+_+)\バキッ!野戦病院のダイオラマを左側から見た様子です。バキュームフォームキットの建物の中が丸見えですね。キューベルワーゲンとフィギュアはベゴのキットです。一部ドラゴンから供給を受けています。野戦病院のダイオラマを真上から見た様子です。配置はこんな感じです。広がりを見せるためにも配置はベースに対して水平・垂直にならないようにしています。なかなか難しい物です。フィギュアたちです。ドクターとナースはベゴのオリジナルです。負傷兵と衛生兵はドラゴンから供給を受けています。近くで大規模な戦闘があったのでしょうか、建物の中に入りきれない負傷兵が外で治療を受けています。(と言うことにしてあります。)本当はもう少し血まみれにすべきでしょうが、ちょっとグロくなるので止めました。建物付きのダイオラマを初めて作ったのですが、さすがに建物は大きいですね。建物と地面の間に微妙な隙間ができてしまいます。これが次の課題ですね。これが郊外なら土の中に埋めるのですけどね。

(全作品完成まで あと20)←変化無し(T_T)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »