トップ完成スバル・インプレッサWRC2004 ラリー・ジャパン その12 完成!!

« »

スバル・インプレッサWRC2004 ラリー・ジャパン その12 完成!!

Category : 完成 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 110-12


アンダーカバー

スバル・インプレッサWRC2004 アンダーカバー

スバル・インプレッサWRC2004 アンダーカバー

車体の下にアンダーカバーをつけます。キットではこれはクリアパーツになっており、つけてもその奥にあるパーツが見えるように作ることができます。せっかく作った車体下部ですから、メーカーさんの配慮ですね。

しかし、それでは実車と異なりますので、指定色通りに塗装することにしました。でもそれではせっかく塗り分けた車体下部が見えなくなります。

てなわけで、このアンダーカバーは接着せずに、ピットマルチで仮留めすることにしました。これならばいつでも外して奥を見ることが出来ます。
って見ないけど・・・タブン

アンテナ

スバル・インプレッサWRC2004 アンテナ

スバル・インプレッサWRC2004 アンテナ

これが最後の工作です。細いパーツで壊すといけないので、説明書でも最後の工程になっています。そうです屋根の上のアンテナです。

このインプレッサには何に使うのか(って無線機でしょ!)、5本もアンテナが立っています。そしてそのうちの3本は付け根のあたりがバネの様にクルクルと巻いています。このアンテナの形状を再現してやることにします。

アンテナは0.3mmの洋白線を0.7mmの真鍮線に巻き付けてコイル状にし、これを少し引き延ばして作りました。鮮明な写真が無かったので、箱絵を参考にしました。 少々違うかもしれませんが、雰囲気は出たような気がします。

完成!!

スバル・インプレッサWRC2004 ラリー・ジャパン 1/24 タミヤ

スバル・インプレッサWRC2004 ラリー・ジャパン 1/24 タミヤ

作り始めたのが先月の末です。なんとか2週間くらいで出来ないかと思っていたのですが、大幅に遅れてしまいました。まぁ、忙しかったと言うこともあるのでしょうが、やはり乾燥に時間をかけなければならないため、どんどん進めるというわけにはいかなかったみたいです。

デカールがシワになってうまく貼ることができなかったのが一番の失敗箇所でしょうが、鏡面仕上げはそれなりにツヤがでました。

インテリアのディテールアップは完成後はほとんど見えませんが、それでもチラリと見えますから、車内をのぞき込んではニヤニヤできます。

ヘッドライトやリアのコンビネーションランプなど、自分ではどうにもならない箇所がキットのままで非常にリアルに作ることができます。また純正のオプションパーツを使えば、隙間から見えるラジエターもとてもリアルです。このあたりはキットのできがいいために作っていても楽しいですね。

さあ、車が完成しました。車単体ではカーモデラーの皆さんの足下にも及びませんから、ここはAFVモデラーらしく(?)、ヴィネットに仕上げてみます。もうすでにベースや大道具は完成しています。これで車も揃いました。あとはフィギュアだけです。

今回初めてウレタンクリアの研ぎ出しに挑戦しました。いろいろと失敗もあるのですが、なかなかの輝きを出すことができました。一番の失敗はデカール貼りでした。AFVモデラーはあまり大きなデカールを貼ることが無いので、こりゃ苦手です。研ぎ出しによりデカールの段差は消えるのですが、下地までヤスってしまいそうで、ヒヤヒヤ物です。またウレタンクリアは、ラッカーに比べて食いつきが悪かったり、衝撃に弱かったりと、違った神経を使いますね。後ろから見た スバル インプレッサWRC2004 です。リアのコンビネーションランプが美しいですね。メッキパーツを奥にはめ込むので輝きがリアルです。またクリアパーツも彩色済みなので、とてもキレイです。真横から見た スバル インプレッサWRC2004 です。純正のエッチングパーツセットには、タイヤの文字のステンシルも入っています。ディテールアップ箇所満載の、インテリアです。シートベルトは純正のオプションパーツセットから、センターコンソールのスイッチ類は真鍮線で作りました。リアシートの位置にはヘルメットフォルダーも見えます。

(全作品完成まで あと21)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »