« »

ドイツ・15cm重野戦榴弾砲sFH18 Op.121 制作開始

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 121-1

ドイツ・15cm重野戦榴弾砲sFH18 1/35 ドラゴン

ドイツ・15cm重野戦榴弾砲sFH18 1/35 ドラゴン

ドイツ軍を代表する野戦砲のsFH18です。今まで作ってきた大砲は飛行機を落とす対空砲か徹甲弾を発射して戦車と戦う対戦車砲でした。どうも野戦砲はそれら対空砲や対戦車のような華がないのでしょうか、あまりキット化されていないような気がします。そんな中で発売になったのがこの15cm重野戦榴弾砲のsFH18なのです。

発売当初は組み合わせるフィギュアもなく、買ってもちょっと寂しい気がしたので二の足を踏んでいたのですが、まもなく専用のフィギュアセットが発売され、それではということで購入を決めました。このキット、前作のパンターG後期型と同じく精密さと組み立てやすさを両立させたスマートキットです。

オイオイ、ちょっと待った!!

どこが組み立てやすいんだって?と新製品に飛びついてすぐに作った人は叫びたいはずです。なにしろこのキット、まともならスマートの名に恥じないキットなのでしょうが、すさまじい説明書が付属しているのです。ドラゴンの説明書が怪しいのは毎度の事ですが、今回はいつもとは訳が違います。まるでドラゴンからの挑戦状かのような説明書なのです。

ホワイトタイガーさんによって修正が加えられた説明書

ホワイトタイガーさんによって修正が加えられた説明書

これはお友達のホワイトタイガーさんが、本人曰く「てんやわんや」になりながら制作したときの、汗と涙の結晶を書き留めてくれた物を書き写させてもらった物です。 こんな調子で最後まで続きます。

パーツの番号違いは序の口、取り付け箇所の説明不足なんて当たり前。よくこんなんで完成までいけたものです。ほとんど250ピースの立体ジグソーパズルです。

アーマーモデリングでも1ページを割いて9枚の写真付きで間違いを正しています。ディテールアップの解説じゃないんですよ。単なる説明書の間違いの指摘です。あかんメーカーやな~ですね。

15cm砲の制作

15cm重野戦榴弾砲sFH18 砲の組み立て

15cm重野戦榴弾砲sFH18 砲の組み立て

さんざんドラゴンの悪口を書きましたが、正誤表付きの説明書さえあれば比較的サクサクと組めます。パーツの合いも良く、精密感バッチリでキッチリと組むことができました。可動部分もスルスルと滑らかに動きます。

駐退機のロッドが弱そうなので、ホワイトタイガーさんに教えてもらったとおり、0.8mmの真鍮線に置き換えました。それ以外はキットのままの素組みです。

アルミの砲身にはライフリングが刻まれていません。少しガッカリだったのですが、実機の写真を見るとライフリングはごく細かい溝があるだけに見えます。1/35ならツルツルでもかまわないようですね。野戦砲は対戦車砲のようにくっきりとした大きな溝を彫らないみたいですね。

(全作品完成まで あと38)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »