トップジオラマ重野戦榴弾砲 Vignette #15

« »

重野戦榴弾砲 Vignette #15

Category : ジオラマ

Scale : 1/35 Maker : Post : D15-1


まずはベースの調達から

ベース用の板

100円均一で購入したベース用の板

今回もカインズホームで購入したいつもの謎の木枠をベースにしようかと思ったのですが、キットの箱のサイズの割に完成サイズが大きく、収まりません。例の木枠は外側で19cm角の正方形、内側は17cm角しかありません。今回は幅が25cm以上、奥行きも20cmは必要です。そこでダイソーに買いに行きました。この期に及んでまだ105円で調達しようとしている自分が怖い・・・

えへへ、ありましたよ、ありましたよ。前からチェックしていたのであることは判っていたんです。でもこれ時々無くなるんですよ。前も1年くらい棚から消滅していたときがあったような気がします。そこで今回は10枚を一気に購入です。といっても全部で1050円ですけど・・・

ニス塗り

ベースのニス塗り

ベースのニス塗り

形はさまざまで、正方形や正8角形もありました。今回は左右の端がカーブしているタイプを使います。コレが一番たくさん残っていて、今回も購入した10枚のうち半分はこの形です。サイズは奥行きが20cm、幅が一番ある部分で30cm、一番狭いところ(前後の端)で22.5cmで、今回のsFH18にぴったりのサイズです。

白木のままではいけませんから、オイルステインで着色します。わたしはこの赤っぽい茶色が好きです。なんだか高級な感じがしませんか?でも100均なんですよね。

オイルステインが乾いたらその上から水性のニスを塗ります。今は乾燥待ちです。すぐに乾きますから、上に模型を乗せても大丈夫なのですが、地面を作るまでにはもう少し乾燥させることにします。

本当は木の表面を処理するとキレイになるのでしょうが、よく知らないのでそのままです。少し木工細工の勉強のしなければいけませんね。

(全作品完成まで あと38)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »