トップAFVドイツ自走榴弾砲ホイッシュレッケ4b その7 細部の塗分けと足まわりの汚し

« »

自走榴弾砲ホイッシュレッケ4b その7 細部の塗分けと足まわりの汚し

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 126-7


新車です

ホイッシュレッケ4b 細部の塗分け

ホイッシュレッケ4b 細部の塗分け

細部の塗り分けが終わりました。4号系は凸凹しているのでフェンダー上のOVMの塗り分けが大変です。塗り分けが大変だったのでシャックルとジャッキは車体色です。雑誌の作例もそうなっていました。やっぱり塗り分けが面倒だったのでしょうか(+_+)\バキッ!

今回はクレーンを持ち上げて後ろから撮影してみました。バッタ(ホイッシュレッケ)というネーミングがぴったりですね。後ろ足を上げてジャンプの体制のバッタちゃんです。このままステアリングのAボタンを押すとピョ~ンとジャンプ・・・しません。

デカール貼り

ホイッシュレッケ4b 車体番号をなんとかする

ホイッシュレッケ4b 車体番号をなんとかする

キットに入っていたデカールは小さな国籍マークが2つです。ホイッシュレッケはほんの3台ほどしか試作されていません、しかも左右の起動輪が異なるタイプ(故障により交換したため)は特定の1輌です。そしてその車両には国籍マークは書かれておらず、その代わり車両番号のようなものが全面装甲板とフェンダーに書かれていました。それぞれ 582503 とう数字と、232を丸で囲んだものです。

雑誌の作例では作者のフランク・シュルツ氏は友人にエッチングでテンプレートを作ってもらったらしいのですが、私にはそんなコネはありませんから、自分でなんとかしなければいけません。

とりあえず数字はSd.kfz.251に入っていたナンバープレート用の数字を使いました。サイズがだいたいよく合います。問題の丸は何とかして書かなければ行けません。そこで、ディバイダーをコンパスのように使い、針で円をけがきました。うっすらと付いた円形の傷にそってコピック・マーカーで丸を書きました。スカッときれいな円とはいきませんが、まぁまぁ許容範囲です。

足回りのウエザリング

ホイッシュレッケ4b 足まわりの汚し

ホイッシュレッケ4b 足まわりの汚し

足回りのウエザリングをします。車体側はタミヤのフラットアースをふんわりとエアブラシで吹き付けました。この色はMIGピグメントのヨーロピアン・ダストピグメントのヨーロピアン・ダストとほぼ同じ色のため助かります。瓶から出してそのまま使えるというのはいいですね。

履帯にはアクリル溶剤(アルコール)で溶いたMIGピグメントのヨーロピアン・ダストを塗りつけてあります。塗料は水性アクリルは非常に早く乾くのですが、ピグメントは逆にエナメルで溶いたときより時間がかかります。この写真を撮影した時も、まだ半分くらいは未乾燥です。乾燥待ちのため、作業はここまででいったん終了しました。

(全作品完成まで あと39)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »