トップAFVドイツ4号突撃戦車ブルムベア 初期型 その8 インテリアの塗装と戦闘室の接着

« »

4号突撃戦車ブルムベア 初期型 その8 インテリアの塗装と戦闘室の接着

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トライスター Post : 134-8


インテリアの塗装

ブルムベア初期型 インテリアの塗装

ブルムベア初期型 インテリアの塗装

突風と豪雨の敦賀湾の無人島から無事帰還した根生です。まるでプチ・パニック映画の様な体験をしたバカンスで、すっかり疲れ果てて、ほんの少しだけしか進みませんでした。

トライスターの初期型もインテリアを塗装します。こちらもインテリアはほぼ15cm榴弾砲だけです。各部を塗り分けて、軽くウオッシング。そして油彩を爪楊枝でチッピングです。爪楊枝チッピングの最後の仕上げの溶剤でぼかし工程がまだ上手く行きません。まだまだ研究の必要ありですね。

戦闘室の接着

ブルムベア初期型 戦闘室の接着

ブルムベア初期型 戦闘室の接着

戦闘室を接着しました。フェンダーと戦闘室の間が少し開くので接着剤を塗ってマスキングテープで固定してあります。ただこの場所は実車でも、戦闘室の下に薄いフェンダーが貼り付けられていた箇所ですから、フェンダーが曲がって隙間ができることは合ったでしょうね。・・・と自分をごまかす・・・(+_+)\バキッ!

それよりも戦闘室とエンジンデッキの間に少し隙間ができてしまいました。せいぜいコピー用紙一枚分くらいなのですが、エンジンデッキが少し後ろすぎたのでしょうか、まったく合わせられません。残念ですが、しかたがありませんね。トライスターはやっぱり難しい!!

(全作品完成まで あと38)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »