トップAFVドイツキューベルワーゲン 寒冷期エンジン始動セット その5 フィギュアの組み立てと車体のウエザリング

« »

キューベルワーゲン 寒冷期エンジン始動セット その5 フィギュアの組み立てと車体のウエザリング

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 140-5


フィギュアの組み立て完了

キューベルワーゲン 寒冷期エンジン始動セット フィギュアの組み立て

キューベルワーゲン 寒冷期エンジン始動セット フィギュアの組み立て

3人までできていましたから、あと残り一人で組み立て完了です。ついでにサーフェイサーを吹いておきました。アメリカーナの様な水性アクリル塗料で塗るときはサフは必須ですね。塗料のノリが違います。

それにしてもドライバー君の体型は貧弱ですね。貧弱でないと車に収まらないのでしかたがないのですが、ドラゴンズの皆さんのでかいの何のって、同じスケールとは思えません。顔や手先のサイズでかろうじて同じスケールということが判りますね。

汚し塗装

キューベルワーゲン 汚し塗装

キューベルワーゲン 汚し塗装

フィギュアばかりにかまっていられません。小さな車両ですから、チャッチャと仕上げをしてしまいましょう。まずはエアブラシで埃色を吹き付けます。 使ったのはクレオスのダークアースです。

こんな風に塗るとタイヤとはぶはまるで同じ色になってしまいます。前々から思っていたのですが、ジャーマングレーの車両の場合、タイヤの塗り分けって必要ないのでは…

ウオッシング

キューベルワーゲン ウオッシング

キューベルワーゲン ウオッシング

続いてウオッシングです。何も変わっていないように見えますが、ほんの少しだけ汚れがひどくなっています。特に車体の鉄板の強度を増すために入れられている波の周囲に汚れがたまっています。縦に拭き取ってわざと残るようにしているんですね。

(全作品完成まで あと42)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »