トップ飛行機RF-4Eファントム2 その16 未塗装部分の塗装と主脚の制作

« »

RF-4Eファントム2 その16 未塗装部分の塗装と主脚の制作

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : ハセガワ Post : 141-16


未塗装部分の塗装

RF-4Eファントム2 未塗装部分の塗装

RF-4Eファントム2 未塗装部分の塗装

いよいよ最後の塗装工程です。実機ではエンジン噴射の直撃を受けるぶぶんは未塗装で金属色がむき出しなのですが、プラモでは色を塗らないとプラの色のままですから、銀色を塗ることになります。

最初はマスキングをするのですが、下にはすでにデカールが貼ってあります。上からコーティングがしてあるとはいえ、マスキングテープと一緒にはがれてしまわないか心配です。そこで何日もかけて(ちょっとおおげさ)ある作戦を練りました。

まずは細いマスキングテープで塗装の境目にしっかりと貼り付けます。ここにはデカールはありません、というより境界付近も後から貼るようにデカールは保留してあります。境目だけしっかりとつけた上から、中年の顔の脂で接着力を弱めた幅広マスキングテープを貼り付け大きくカバーします。さすがのテープも中年パワーには勝てません、粘着力は激減です。これでデカールは保護されるはずです…タブン(汗)

使った塗料はクレオスのメタルカラーのステンレスです。以前 T-2練習機を作ったときにキットの指示通り黒鉄色を使ったのですが、全然イメージが違います。実機の写真を見るとやはりステンレスでしょう。ってことでかねてより、次にジェット機を作るときは是非使おうとねらっていました。

ステンレスは筆で塗ると真っ黒でほとんど黒鉄色と変わりません。しかしエアブラシで塗ると結構明るくなります(写真上)。さらにハンドリューターに研磨用のバフを取り付け高速回転であまり圧をかけないように磨いてやると、ピッカピカのステンレス流し台のようになりました(写真下)。写真ではあまり違わないように見えますが、ツヤがものすごく違います。

仕上げとエンジンの取り付け

RF-4Eファントム2 仕上げとノズルの取り付け

RF-4Eファントム2 仕上げとノズルの取り付け

アレスティング・フックと水平尾翼の付け根の丸い板は明るい銀色なので、タミヤのペイントマーカーのクローム・シルバーを筆塗りしました。

エンジンの噴射の直後は焼けて黒っぽくなっています。ここはタミヤのウエザリングマスターのスモーク(Bセット)とオイル(Dセット)を使って黒っぽくしました。

アレスティングフックや周囲のパネルで熱によって焼けた部分は、ウエザリングマスターのDセットの赤やけや青やけを使って着色しました。このセットはホントに便利ですね。少しずつしか色が付かないので、ゆっくりと気に入るまでやり直すことができます。

あっ、汚しの前にデカールを貼っています。多少シルバリングを起こしていますが、いたしかたありません。

スタビライザーの塗装

RF-4Eファントム2 スタビライザーの塗装

RF-4Eファントム2 スタビライザーの塗装

このスタビライザーはキットに無かったリベットの列を追加したのですが、その列にそって色が濃い銀色がまざっています。そこで下塗りには先ほどのメタルカラーのステンレスを塗り、一度ピカピカに磨きました。

極細切りのマスキングテープでマスキングをして、上からスーパーシルバーを吹き付けました。マスキングテープをはがせばできあがりです。

実はベルトや銃のスリングを作るために買ったマスキングテープですが、今回初めて本来の目的に使いました。

主脚の組み立て

RF-4Eファントム2 主脚の組み立て

RF-4Eファントム2 主脚の組み立て

主脚を 組み立てます。そのついでに簡単なディテールアップも施しました。キットではシュリンク用のロッドが省略されているのですが、これを0.3mmの洋白線で再現します。雑誌の作例では0.6mmを使っていたのですが、どうみても太すぎです。これくらいが適当じゃないでしょうかね。2種類のソフトワイヤーを使ってブレーキパイプなどを再現します。

右が未塗装で、左が塗装済みです。実はパイプはシルバーのままなので、あまり塗るところがありません。ゴムでできた部分や白で塗られている部分を塗り分けてできあがりです。

主脚の取り付け

RF-4Eファントム2 主脚の取り付け

RF-4Eファントム2 主脚の取り付け

機体に主脚や格納庫の蓋を接着します。いよいよ組み立ても大詰めですね。主脚や格納庫の蓋の裏には銘板やらラベルが貼り付けられていますので、これを例によって実機の写真をみながら適当に筆で描き込みました。これが結構良い感じになります。

これで尾翼と機首のピトー管、そしてドロップタンクをつければ組み立て完了なのですが、これらはウエザリング作業が終了してからの組み立てとなります。なんとか今月中に完成させられそうですね。

(全作品完成まで あと41)

関連するコンテンツ

作品No.141の記事一覧

  1. 航空自衛隊・RF-4Eファントム2 第501飛行隊 Op.141 制作開始 (2008年10月10日)
  2. RF-4Eファントム2 その2 フィギュア、コクピット、カメラベイ (2008年10月12日)
  3. RF-4Eファントム2 その3 機体の貼り合わせ (2008年10月13日)
  4. RF-4Eファントム2 その4 機体下面ディテールの修正 (2008年10月14日)
  5. RF-4Eファントム2 その5 エンジンのでっち上げ (2008年10月15日)
  6. RF-4Eファントム2 その6 エンジンのでっち上げの続き (2008年10月15日)
  7. RF-4Eファントム2 その7 ディテールアップとスタビライザーの筋彫り (2008年10月18日)
  8. RF-4Eファントム2 その8 リベット打ち (2008年10月20日)
  9. RF-4Eファントム2 その9 ディテールアップとサフ吹き (2008年10月22日)
  10. RF-4Eファントム2 その10 機体下面の塗装 (2008年10月23日)
  11. RF-4Eファントム2 その11 迷彩塗装 (2008年10月24日)
  12. RF-4Eファントム2 その12 デカール貼り (2008年10月26日)
  13. RF-4Eファントム2 その13 エンジンの塗装 (2008年10月27日)
  14. RF-4Eファントム2 その14 クリアコート (2008年10月28日)
  15. RF-4Eファントム2 その15 前脚の制作 (2008年10月29日)
  16. RF-4Eファントム2 その16 未塗装部分の塗装と主脚の制作 (2008年10月30日)
  17. 航空自衛隊・RF-4Eファントム2 第510飛行隊 その17 完成!! (2008年11月1日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »