トップAFVソビエト連邦T-34/76戦車STZ その3 組み立て完了

« »

T-34/76戦車STZ その3 組み立て完了

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 148-3


車体の組み立て

T-34/76戦車STZ 車体の組み立て

T-34/76戦車STZ 車体の組み立て

昨日は一日更新をさぼってしまいました。プラモの制作は暖かいお茶の間でしているので、パソコンや撮影機材のある寒い仕事場に降りていく(自宅は仕事場の2階なんです)のが おっくうになってしまいます。それで更新もしないでひたすら作り続けていました。おかげでかなり進みました。

T-34の車体は非常にシンプルで、あっという間に組み上がります。キットにはエッチング・パーツがたくさん入っており、説明書の指示があるだけでもけっこうな数を使います。さらに説明書に記載のない余分まで入れるとかなりの数が入っています。

車体の横の細長い箱を留めるエッチング・パーツはどうも寸法が怪しくてそのままでは使えないので、プラパーツを使いました。ところがプラパーツも説明書の指示が間違っており、ランナーに付いているそれらしいパーツを探して付けました。

ヘッドライトにはライトコードを追加しました。キットに入っている以外の物を使ったのはこれと起動輪のプラ棒だけです。

鋼板の溶接箇所にはほとんど溶接の痕がモールドされているのですが、前の装甲板の周囲の溶接痕が付いていなかったので、付けておきました。また運転手用のペリスコープが付いているブロックも溶接止めされているので、ここにも溶接痕を追加しました。

T34の溶接痕は実車の写真を見てもかなり派手で、グチャグチャに付いています。それだけソ連人の工員さん達の仕事はドイツ人に比べると雑だったんでしょうね。まぁ、戦車は動けばいいのですから、溶接の痕が美しい必要はありませんからね。

T-34/76戦車STZ 鋳造肌の追加

T-34/76戦車STZ 鋳造肌の追加

機関銃のマウントと運転手のバイザーブロックは鋳造製なので、鋳造肌をパテで付けておきました。

フェンダーは裏側から透けるまでハンドリューターで削り、流し込み接着剤を塗って柔らかくしてクシャクシャにしてみました。

T-34/76戦車STZ OVMの取り付け

T-34/76戦車STZ OVMの取り付け

こちら側にはOVMがつきます。履帯に取り付けるスパイクは6枚ずつたばねてベルトで留められます。以前タミヤのSUを作ったときはこの部分は鉛の薄板や真鍮線で自作したのですが、しっかりとキットに入っているあたりはさすがにサイバーホビーです。

砲塔の組み立て

T-34/76戦車STZ 砲塔の組み立て

T-34/76戦車STZ 砲塔の組み立て

砲塔の装甲板には圧延鋼板の荒れを表現してみました。実車の写真を見ても車体よりも砲塔の鋼板の荒れが目立ったので、砲塔だけは付けておきました。

砲塔は複雑な溶接ラインにそってパーツが分割されており、実車同様に組み立てるのですが、その溶接ラインがしっかりと組み立ててもホンの少しだけ隙間が空きます。ここはヒートペンの出番で、溶接の痕を伸ばして隙間を完全に溶接してしまいます。

砲の付け根のパーツ(何て言うのでしょうかね?)も実車の写真を参考に溶接の痕を追加しておきました。また最初から溶接痕が付いている箇所も、少しおとなしすぎるような印象だったので、派手に付け直しました。

T-34/76戦車STZ 砲塔の天板

T-34/76戦車STZ 砲塔の天板

砲塔の屋根は内部の塗装が完了するまで接着はできません。今の段階では乗っているだけです。接着後には周囲に溶接の痕をつけなければいけませんね。

大きなハッチに付くパーツはエッチング・パーツが用意されています。

それにしても大きな蓋ですね。これは相当に開け閉めには苦労したでしょうね。T-34では改良が進むにつれどんどんパーツ数が減らされていったのですが、ここのハッチだけは2枚に分割されていますからね。

インテリアも丸見えです。砲塔の内部には砲尾しかありませんから、ちょっと困りますね。ここはフィギュアを乗せて見えにくくする必要があります。モケモケの店長にミニアートの新製品のソ連兵を頼んでありますから、それが入ったら乗せることにしましょう。

砲尾のパーツも丸見えですから、あの合わせ目は消しておかなくてはいけなさそうですね。ホント、丸出しです。(*^_^*)

組み立て完了

T-34/76戦車STZ 組み立て完了

T-34/76戦車STZ 組み立て完了

組み立て完了です。まさに合理性の固まり、T-34です。4号戦車の1/3の手間で完成します。おそらく実車もそんな感じだったんでしょうね。しかもこちらの方が走攻守ともに強かったわけですから、ドイツ人もびっくりでしょうね。

(全作品完成まで あと43)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »