トップ飛行機ブリストル・ボーファイターTF.Mk.10 Op.149 制作開始

« »

ブリストル・ボーファイターTF.Mk.10 Op.149 制作開始

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : タミヤ Post : 149-1


多発機

ブリストル・ボーファイターTF.Mk.10 1/48 タミヤ

ブリストル・ボーファイターTF.Mk.10 1/48 タミヤ

2月のモケモケのお題は「多発機」です。飛行機は(も?)あまり詳しくない私は店頭で品定めです。で、結局決めたのがこの「ブリストル・ボーファイター TF.Mk.10」です。おなかに抱いた魚雷がすてきです。しかもタミヤ!!これが決め手ですね。ハセガワのファントムには苦労させられましたから…

ギリス空軍の多目的双発機の ブリストル ボーファイター です。低空飛行時に高性能を発揮できるエンジンを搭載し、大きな魚雷や爆弾を搭載して船や地上を攻撃しました。また夜間の迎撃にも使われたようで、模型屋さんには真っ黒に塗られたボーファイターの売られていました。今回制作する TF.Mk.10 は沿岸警備隊に配属され、輸送船やUボートなどを攻撃した機体です。

箱絵がカッコいいですね。おっきなプロペラを2個、ブンブン回しています。なんたってこれ一機で索敵から銃撃、爆撃、雷撃までこなす多目的機です。最高スピードが足りずに戦闘機になりそこねたとはいえ、低速で高性能を発揮するハーキュリーズエンジンのおかげで、対艦攻撃に大活躍したそうです。

まだまだ2月までは余裕があるとはいえ、今年はさらに作りたいプラモが後ろに控えています。チャッチャと行きましょう。

コクピットの組み立て

ボーファイターTF.Mk.10 コクピットの組み立て

ボーファイターTF.Mk.10 コクピットの組み立て

飛行機は内臓を先に作らないことには先に進みません。しかも機体の貼り合わせの後は、72時間の放置期間が必要ですから、とにもかくにもインテリアを組み立てます。

フィギュアは全く同じ双子の兵士が附属しています。二人とも同じポーズで、顔もそっくりです。二人揃って右手と胴体の間のモールドがダルダルでしたので、彫刻刀でちゃんと切り離しておきました。

さっそく色を塗ろうと思ったのですが、タミヤの指定では、XF-5フラットグリーンとXF-21スカイ、そしてXF-65フィールドグレーを同量混ぜなさいとあります。作りすぎれば余るし、足らないのも困りますから、塗料はやはり瓶生がよろしいですね。
てなわけで、モケモケに買いに行くことにします。

(全作品完成まで あと42)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »