トップ自動車プジョー206 WRC2002年 室内の制作

« »

プジョー206 WRC2002年 室内の制作

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 153-3


下地作り

プジョー206 WRC2002 下地づくり

プジョー206 WRC2002 下地づくり

カーモデルはサフ、塗料、クリアでコートと3層の塗膜を作るのですが、それぞれの境界面がすべてツルツルでないと鏡面の仕上がりは望めません。面倒がらずにペーパーがけにいそしみます。

昨日の写真と何も変わっていないようですが、指で触るとよくわかります。#2000のペーパーで水研ぎしてあるので、ツルツルです。

この作業をお昼休みにしたのですが(自宅で仕事をしている強みですね)、時間が足りなかったのと水研ぎ後の十分な乾燥が欲しかったので、塗装は夜に行うことにします。

室内の制作

プジョー206 WRC2002 室内の制作

プジョー206 WRC2002 室内の制作

ボディの制作と平行して室内もちまちまと作っていきます。 赤青黄緑黄色と色とりどりでキレイですね。地味な色ばかりのAFVとは大違いです。

シャーシの再後端の色が濃いのは影ではなく、色を塗り忘れているからです。まさかここまで見えるとは思っていませんでした。てっきり何かで覆われると思ったのですが、よく考えたら二人乗りのラリーカーに後部座席はありませんよね。でも下地も銀ですし、ボディが乗ってしまえばあまり判りません(タブン…)。

プジョー206 WRC2002 ボディをかぶせてみた

プジョー206 WRC2002 ボディをかぶせてみた

ボディを上に載せてみました。まだ基本塗装だけのロールバーも入れてあります。ここまで形になってくるとワクワクしますね。

ちっちゃいけどカッコいいスタイルです。早く色をぬりた~い!!
でも、仕事、仕事…
と言いながら、プラモ日記を更新しています(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと59)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »