トップAFVドイツ8.8cm対空砲Flak18 その7 細部の塗分け

« »

8.8cm対空砲Flak18 その7 細部の塗分け

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 162-7


ハイライトと細部の塗分け

8.8cm対空砲Flak18 ハイライトと細部の塗分け

8.8cm対空砲Flak18 ハイライトと細部の塗分け

基本塗装の上から基本色につや消し白をまぜた少しだけ明るい色を作り、光の強く当たる部分に吹き付けました。ハイライト部を強調する意味もありますが、強い北アフリカの太陽に焼かれた退色表現も含んでいます。

奥まったところに施してある影色と相まって、ディテールがひじょうにくっきりとしてきており、ごちゃごちゃした8.8cm砲の雰囲気を出しています(よね)。

説明書の指示に従い、細部を塗り分けていきます。場所によっては筆が入らないほど奥になってしまった箇所もありますが、そこは塗れない場所は見えない場所と割り切ります。決して奥を覗いてはいけません。モデラーのエチケットです(爆)。

OVMの木の部分は表情を付けたかったので、甲板色で下塗りをした上に、クリアーオレンジ+スモーク+フラットベース(少々)をわざとムラになるように塗ったのですが、こんな時に限ってたいしてムラになりません。なんで?

まぁ、よく見ると、1本ずつ微妙に色が違っていますし、多少ムラになっていますから良しとしましょう。

(全作品完成まで あと59)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »