トップAFV大日本帝国九四式軽装甲車[TK] その2 組立て完了

« »

九四式軽装甲車[TK] その2 組立て完了

Category : AFV 大日本帝国

Scale : 1/35 Maker : ファインモールド Post : 170-2


組み立て完了

九四式軽装甲車[TK] 組立て完了

九四式軽装甲車[TK] 組立て完了

自動車ほどのサイズのミニミニ戦車ですから、あっという間に完成です。エッチングパーツも必要かつ十分なだけ入っており、小さいながらも精密感もバッチリです。さらにエッチングパーツは取り付けがしやすくするための工夫がいろいろとなされていたり、排気管カバーを曲げるための治具が入っていたりと、なかなか気が利いています。

ちっちゃな砲塔には機関銃が一丁装備されています。機関銃は塗装のことを考えてマウントごとはずせるようにしてあります。

小さなパーツのゲートはつまんで処理ができませんから、接着後に車体に付いた状態で処理します。そんな時にはリューターが大活躍するのですが、現在引っ越しの最中でして、どこかの段ボール箱の中です。デザインナイフとやすりでなんとかしなくてはいけませんね(汗)。

履帯

九四式軽装甲車[TK] 履帯は無理やり接着して弛みを再現

九四式軽装甲車[TK] 履帯は無理やり接着して弛みを再現

履帯はキットに付属のベルト式を使います。接着剤が使える上に塗料も食いつくタイプなので助かります。ただ幅が4mmしかなく、接着用のベロに至っては幅が2mmしかありません。早く接着しようとクレオスの流し込みタイプを使ったら溶けて切れてしまいました。しかたがないのでホチキスで留めてあります。

履帯は塗装後にはめることも可能ですが、弛みを再現したかったので、塗装前に転輪に接着します。フェンダーとの間にティッシュを挟み接着剤で固定します。 まぁまぁ良い感じでたれてくれました。ただし、この車輌はフェンダーから下の部分にも迷彩塗装が施されています。履帯付きではかなり塗りにくくなるでしょうね。

さて、二日で組み立てが完了したのはいいのですが、仕事場に塗装スペースが戻ってくるのはまだ先になります。とりあえず部屋の内装工事は終わったのですが、明日は床下に電気やLANケーブルの配線を埋め込む工事です。そして家具が入るのが月曜日ですから、早ければ月曜日には塗装できるかもしれませんが、もしかしたら火曜日になるかも知れません。さて、どうしましょう…

(全作品完成まで あと61)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »