トップ飛行機AV-8Bハリアー2 その7 ウオッシングとフィギュアの組立て

« »

AV-8Bハリアー2 その7 ウオッシングとフィギュアの組立て

Category : 飛行機 フィギュア

Scale : 1/48 Maker : レベルモノグラム Post : 178-7


ウオッシング

AV-8Bハリアー2 翼端のズルを塗る

AV-8Bハリアー2 翼端のズルを塗る

いよいよ仕上げの行程に入ります。まずは機体のあちこちにある穴に相当する部分に墨を入れます。ハリアー・シリーズは静止した状態で空中に浮かぶことができます。 通常飛行機は機体の周りを流れる空気をコントロールして向きを変えます。ところが静止した飛行機は機体の周りを流れる空気も静止していますから、ラダー、エレベーター、エルロンを動かしても向きを変えることはできません。

そこでハリアー・シリーズにはおしりの先に左右(方向)、下向き(機体の上下方向の角度)、主翼の先(機体の左右方向の傾き)にそれぞれ高圧空気を吹き出すノズルがあります。前作のシー・ハリアーにはそれらは無視されていたので、自分で適当に書き込んだのですが、こちらのハリアー2にはちゃんとモールドがありました。

AV-8Bハリアー2 脚などをウオッシング

AV-8Bハリアー2 脚などをウオッシング

それ以外では機体はやはり凸モールドで墨入れやウオッシングには向きませんから、ランディングギアやその格納庫だけを墨入れしました。

これで機体は完成とします。ウオッシングが出来ない以上、これ以上のウエザリングはどうしていいのかわかりません。今の私にはここまでです。

フィギュアの組み立て

AV-8Bハリアー2 ハセガワのレジンフィギュアを組立て

AV-8Bハリアー2 ハセガワのレジンフィギュアを組立て

最初フィギュアセットはイタレリの戦闘機サポートチームを使うつもりでしたが、海兵隊の地上部隊の色がよくわからないので、こちらは来年の11月の『AB祭り』で使うことにしました。AB祭りの飛行機は爆弾などをドッチャリ積みますから、サポートチームは大活躍です(予定)。

これは今年の静岡ホビーショーのハセガワのブースで購入したレジンフィギュアです。こうしてみると大変良くできています。超深いモールドはさすがにレジンキットです。これで1/48ですよ。1/35もビックリの精密さです。塗るのが楽しみですよね♪

あっ、でも何色で塗って良いのやら…

(全作品完成まで あと72)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »