トップAFVアメリカM4A3シャーマン(RC) その5 車体の組立て開始、履帯の汚し

« »

M4A3シャーマン(RC) その5 車体の組立て開始、履帯の汚し

Category : AFV ラジコン アメリカ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 181-5


車体の組み立て開始

M4A3シャーマン(RC) 溶接痕の追加

M4A3シャーマン(RC) 車体の加工

シャーシの塗装と平行して車体上部の組み立てを開始します。まず最初にボディパーツに少し細工します。作業はいつもの定番作業です。フェンダーはうすうす攻撃でぺらぺらに見えるようにします。 それから省略されている側面の溶接痕を付けます。ほとんどの面の溶接の痕はしっかり再現されているのですが、側面は金型の抜き方向の関係でつるつるです。自分で付けてやらないとね。

さらに側面の溶接痕と同じ理由で省略されているのが、車体側面の縁にあけられている一列の穴です。タスカのファイアフライではたしかエッチングパーツで再現されていました。位置はそれにならい、0.3mmのミニドリルを使ってハンドリューたーで開けていきました。なれているつもりでも久しぶりの0.3mmです。左右両サイドに開けるのに2本も折ってしまいました。

0.3mmのドリル歯は以前ならホームセンターで1本400~500円で購入していたのですが、あの金属加工の御大のwatanabeさんに教えていただいた激安ドリルを使っているので1本が50円程度ですから、2~3本折ってもへっちゃらです。

しかもこのドリルビットは元が太くなっているので、直接ハンドリューターのチャックでくわえることができます。そのため非常に正確に中心が出て安定して回転します。金属精密加工用としてはハネダシの処分でしょうが、プラモには十分すぎる性能です。

ディテールアップ

M4A3シャーマン(RC) 水抜き穴の追加

M4A3シャーマン(RC) 水抜き穴の追加

燃料タンクの蓋を囲っている跳弾版には水抜きの穴が開いています。これは同じくドリルビットの0.4mmで開口しました。0.4mmと0.5mmも10本セットで購入しているのですが、こちらは慎重に扱えば折れそうな気配もないので、一生分ありそうですね。

M4A3シャーマン(RC) OVMのディテールアップ

M4A3シャーマン(RC) OVMのディテールアップ

OVMを取り付けます。米軍のOVMは車体に取り付けられた手すり状の棒にベルトで固定されます。まずはその手すりをファインモールドのエッチングパーツを使って取り付けました。瞬着がはみ出てきたならしいのですが、まぁ、塗ってしまえばわからなくなりますよ。きっと…

エンジンデッキの整備用のハッチやパネルのハンドルは、例によってキットでは板としてしかモールドされていませんので、全部切り飛ばして0.5mmの真鍮線で置き換えます。

予備履帯ホルダー

M4A3シャーマン(RC) 予備履帯

M4A3シャーマン(RC) 予備履帯

予備履帯はカステンの履帯を使います。キットに付属の物とは滑り止めのパターンが少し違うので、そちらを使うわけにはいきません。

キットでは予備履帯はホルダーと一体に組み立てるようになっているのですが、そのホルダーのパーツに溝を入れて実車同様に予備履帯を差し込めるようにしました。とはいっても実車同様に深い溝を掘ることは不可能なので(パーツが割れてしまいます)、予備履帯の連結ピンの長さを半分ほどに切って差し込んであります。

履帯の汚し

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

履帯の汚しを行います。履帯はメタルカラーのダークアイアンを吹き付けてあるのですが、まだ磨いて金属光沢は出していません。その上にミリタリーピグメントのブリックライクを薄めに溶いて塗りつけます。

いつもはペースト状なのですが、今回は走行を考えていますから、あまり厚塗りしても邪魔になるだけです。しかもはがれたピグメントでカーペットを汚してしかられそうです(汗)

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

ピグメントがまだ乾く前に、ミリタリーピグメントのプラスターライクとMIGピグメントのヨーロピアンダストを粉のまままだらにまぶして表情をつけます。乾いてくるとこんな感じですね。 余分のピグメントがバラバラと落ちてきています。

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

M4A3シャーマン(RC) 履帯の汚し

さらに乾かしてカサカサになったら余分のピグメントを削り落とします。堅めの平筆を使って凸部のピグメントを削り落とします。この後、綿棒とかをつかって地面と接する部分を磨くとメタルカラーの金属光沢がでますが、今回はその必要はないでしょう。このまま走らせてやれば本当にこすれてくれるはずですからね。自然に任せることにします・・・やっぱり、カーペットを汚しそう・・・

(全作品完成まで あと71)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »