トップAFVアメリカM4A3シャーマン(RC) その9 組立て完了、サフ吹き、影吹き

« »

M4A3シャーマン(RC) その9 組立て完了、サフ吹き、影吹き

Category : AFV ラジコン アメリカ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 181-9


組み立て完了

M4A3シャーマン(RC) 組立て完了

M4A3シャーマン(RC) 組立て完了

砲塔に細かなパーツを取り付けて組み立て完了です。ついでにフィギュアも乗せてみました。フィギュアは足の先が砲塔を回転させるメカと干渉するので、膝から下を切り取ってあります。

こうしてみると、塗装済みのシャーシと未塗装のボディが同じ色ですよね。クレオスのオリーブドラブにスケールエフェクトを考えて白を混ぜたら、タミヤの成形色と同じになってしまいました。ここまでそっくりになったのは自家製ダークイエローとトライスターの成形色が同じだったこと以来です。

M4A3シャーマン(RC) 砲塔のディテールアップ

M4A3シャーマン(RC) 砲塔のディテールアップ

砲塔の上にもディテールアップのエッチングパーツがいろいろとつきます。ハッチ留めの金具やペリスコープガード以外にも直接照準機もあります。これがなかなか精密感があっていいですね。例によってハッチの取っ手は真鍮線で置き換えてあります。

サフ吹きと影吹き

M4A3シャーマン(RC) サフ吹きと影吹き

M4A3シャーマン(RC) サフ吹きと影吹き

エッチングパーツが多用してあるのと、成形色と塗装色がそっくりなため塗装のし忘れを防ぐためにも全面サフ吹きをしました。サフを吹けば表面の具合も確かめられますしね。

サフが十分に乾いてからいつもの自家製影色(チャコールグレー)で影吹きをしました。ラジコンだからといって塗装の手抜きはしません。特に単色仕上げの戦車の場合は迷彩塗装の手間がない分、他に手間をかけてもバチはあたりませんよね。明日はいよいよ基本塗装です。

(全作品完成まで あと71)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »