トップAFVドイツ4号対空戦車クーゲルブリッツ その7 デカール貼りと細部の塗分け

« »

4号対空戦車クーゲルブリッツ その7 デカール貼りと細部の塗分け

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 182-7


デカール貼りと細部の塗分け

4号対空戦車クーゲルブリッツ デカール貼り

4号対空戦車クーゲルブリッツ
デカール貼り

デカールを貼り、丸一日乾燥させてからフラットクリアを吹いてツヤを調整します。今回もデカール貼りは上々です。カルトグラフデカールはホントにすばらしいですね。

ツヤが整ったらいよいよ細部の塗り分けです。足回りは転輪のゴム部分の塗り分けや、転輪を塗ったときの履帯部分への吹きこぼれの修正で手間がかかるのですが、今回は転輪の色が履帯の焦げ茶に比較的近いエンジ色のため、修正はわりといい加減でも大丈夫です(ホントカ)。

OVMは金属部分はメタルカラーのダークアイアンで、木製の部分はアメリカーナのトラッド・ロー・シェンナです。排気管はとりあえず焼け鉄色です。この後、ピグメントで仕上げていきますからね。

最後のディテールアップ

4号対空戦車クーゲルブリッツ 予備転輪押さえを追加

4号対空戦車クーゲルブリッツ
予備転輪押さえを追加

組み立てはほとんどが塗装の前に完了しているのですが、予備転輪のラックは予備転輪を塗装してから組み込む予定でしたので、最後にチョイと追加工作をします。

予備転輪はこのようなラックに収まるのですが、飛び出すのを防ぐために丸い棒で押さえられています。この棒はラックの斜めになった部分に取り付けられた「受け」に通してねじで留められていると思います。まぁ、その受けまでは作れませんから、直接貼り付けてあります。

これにて新車のクーゲルブリッツのできあがりです。

(全作品完成まで あと71)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »