トップAFVドイツ8.8cm対戦車砲Pak43/3 その2 砲架の組立て

« »

8.8cm対戦車砲Pak43/3 その2 砲架の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 190-2


砲架(上)の組み立て

8.8cm対戦車砲Pak43/3 砲架(上)の組立て

8.8cm対戦車砲Pak43/3
砲架(上)の組立て

今日は家族で近くの大型ショッピングセンターのマイカル桑名に行ってきました。子供たちや女房はお年玉で買いたいものがあるようで、お父さんはそのお供です。今日はイベントコーナーに結構な人だかり、何かと思えばAKB48のだれかが来ていたみたいです。

砲架の上半分を組み立てました。一応砲耳は可動式に組めるのですが、砲を俯仰されるためのロッド(中央付近のジャバラ状のパーツ)がカチンコチンなため(プラですからあたりまえですが)、上下に動かすことが出来ません。

そんなわけで、砲は水平を向いたままです。今回は運搬状態を作るのでそれでかまわないのですが、もし動かそうと思うと、結構大変ですよね。あのジャバラを本当に伸び縮みするパーツに換えなければいけませんからね。

砲架(下)の組み立て

8.8cm対戦車砲Pak43/3 砲架(下)の組立て

8.8cm対戦車砲Pak43/3
砲架(下)の組立て

砲架の下の部分と十字型の脚を組み立てます。さすがは簡易砲架です。非常に少ないパーツ数であっさりとしています。おかげでプラモも簡単に組み立てが完了しました。

十字砲架の赤丸で囲った部分にクリアパーツで窓がつくのですが、これって何なのでしょう?なぜここに、クリアパーツが…?
本当にガラスで出来ていたのでしょうか?簡易砲架の事はよくわかりません。

(全作品完成まで あと69)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »