トップAFVソビエト連邦T-34/76 1940年型 その2 組立て完了

« »

T-34/76 1940年型 その2 組立て完了

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 198-2


組み立て完了

T-34/76 1940年型 組立て完了

T-34/76 1940年型 組立て完了

実車同様にパーツの少ないT-34。あっという間に組み立て完了です。 ちっちゃな砲塔がカッコいいですね。やっぱりT-34は砲塔がちっちゃい方がよく似合います。

砲塔の横に付いたクラッペはパッチの板なども一体で成形されているので、組み立ては本当に少しだけです。でも防盾や天板のハッチなど必要な箇所にはパーツ数を割いていますから、けっして手抜きや省略があるというわけではありません。T-34は生まれながらにしてスマートキットなんですね。

T-34/76 1940年型 履帯滑り止めパーツ

T-34/76 1940年型 履帯滑り止めパーツ

エッチングパーツは履帯の滑り止めを留めるベルトと車体両サイドの箱(予備の燃料タンクらしいです)を留めるベルトと金具が入っていました。ですが、燃料タンクを留めるベルトは留め具の部分がエッチングパーツではぺらぺらすぎて貧弱な気がしたのでプラパーツを使いました。まぁ、こちらの方がかなり楽ちんですしね(^_-)

砲塔

T-34/76 1940年型 砲塔

T-34/76 1940年型 砲塔

砲塔内部は砲尾だけが再現されています。ただハッチは裏側までちゃんと再現されていますし、ちゃんと薄く成形されているので良い感じです。

写真には回転式のペリスコープがまだ取り付けられていませんが、こちらは塗装後に取り付けることにします。

これにて組み立ては完了です。後少しだけ溶接の痕とか鋼板の表面などに手を入れようかと思っています。

ランチアその後

クラッシュから蘇ったランチア・ストラトスHF

クラッシュから蘇ったランチア・ストラトスHF

完成直後にクラッシュしたランチア・ストラトスですが無事修復を終えて、今はおとなしく本棚に飾られています。

その際1/20のフィギュアが他に無かったので、ドムのオマケの黒い三連星さん(名前は忘れました)とポケモンに並んでいただきました。

やはりプラモは飾って鑑賞するのが完成後の正しい扱い方ですね(笑)。

(全作品完成まで あと66)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »