« »

スピットファイアMk.9c その15 細部の塗分けと最後の組立て

Category : 飛行機

Scale : 1/32 Maker : タミヤ Post : 200-15

マスキングテープを剥がす

スピットファイアMk.9c キャノピーのマスキングを剥がす

スピットファイアMk.9c キャノピーのマスキングを剥がす

デカールが乾いたので表面の汚れを落とします。さすがにここまでできあがってきているキットを水でジャブジャブ洗うわけにはいきませんから、ウエットティッシュでキレイに拭き取ります。ウエットティッシュはアルコール分を含んだ除菌タイプです。これで拭けばけっこうキレイになります。

乾燥を挟んで3回ほど拭き取りをしたらすっかりキレイになったので、もう一度しっかり乾燥させます。

いよいよ最後のエアブラシです。スーパークリアの半ツヤをリターダー入の溶剤で溶いて全身に吹き付けます。塗料の違いやデカールなどでバラバラだった表面のツヤが整ってきます。エアブラシの吹きむらも目立たなくなります。

クリアが乾いたらいよいよお楽しみのキャノピーのマスキングテープ剥がしです。裏表にガッチリ貼られていますから、どうなっているのやらわかりません。塗料がにじんでいないことを祈るばかりです。さすがに吹きこぼれは無いと思いますけどね。

どうやら今回はとってもうまくいったようです。やれやれです。

細部の塗り分けと最後の組み立て

スピットファイアMk.9c 最後の組立て

スピットファイアMk.9c 最後の組立て

排気管を初めとして細部を塗り分けます。塗らなければならない箇所は説明書に印を付けてあるので、最初から順に塗っていきます。

また、破損を避ける為に取り付けてなかった細かなパーツも取り付けます。あっ、翼端灯を塗り忘れていますね、チェック漏れです。

主脚やアンテナ、機関砲も取り付けます。これにて組み立ておよび塗装作業は完了です。明日は墨入れや汚しですね。フィギュアが先にできちゃってますから、いよいよ完成も間近です。

(全作品完成まで あと71)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »