« »

スピットファイアMk.9c その7 エンジンのパイピング

Category : 飛行機

Scale : 1/32 Maker : タミヤ Post : 200-7

エンジンのパイピング

スピットファイアMk.9c エンジンのパイピング

スピットファイアMk.9c エンジンのパイピング

ソフトワイヤーを使ってエンジンにパイプを追加します。資料の写真を見るとおびただしい数のパイプが這い回っているのですが、このキットは1/32ですから、パイプの数も1/32程度もあればいいらしいのです(ホントカ?)

ただ写真ではそれぞれのパイプがどこからどこへつながっているのかよくわかりません。しかたがないのでそれこそ適当に這い回しています。このディテールアップは完全にでっち上げですのでよい子は参考にしないでくださいね。なんちゃってでそれらしく見えればいいのです。

スピットファイアMk.9c エンジンのパイピング

スピットファイアMk.9c エンジンのパイピング

反対側はこんな感じです。補機類が少ないのでパイプはまっすぐに伸びるものが中心になります。それにしても何の為にこれほどのパイプが付いているんでしょうね?あのドッチャリついた計器板とも関係があるんでしょうね…キット…

隔壁の部分には補機がたくさんついているので、このあたりのパイプや配線はそれこそスパゲティ状態なのですが、もう何が何だかよくわからないのでパスです(^^;)

パイプの塗装

スピットファイアMk.9c パイプを塗装

スピットファイアMk.9c パイプを塗装

色を塗ってみました。色は資料の色を参考にしたのですが、本当にこんな色だったかのはよくわかりません。なんだか微妙にキットのエンジンと違うようなのです。同じMk.9でも多少の違いがあったようですね。

スピットファイアMk.9c パイプを塗装

スピットファイアMk.9c パイプを塗装

銀色のパイプ、銅色のパイプ、黒いパイプ、機体内部色のパイプと塗り分けてみると、情報量が増えてなんだか精密感が増したような気がします。

配電盤が付いたので、隔壁からのパイプ(コード?)も少し追加してみました。まぁ、こんなもんでしょう。

(全作品完成まで あと71)

古いPCのハードディスクがなんだか怪しくなってきたので、このさいだからSSDに換装してみました。ものすごいスピードで、XPのインストールが数分で完了!!起動も20秒程度。なんとXPのOS読み込み時に出るあの■が左右に動くアニメーションが1回で終わってしまいます。こりゃ面白いことになってきましたよ♪

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »