トップ自動車エルグランドE51前期型 その2 ボディの整形と塗装

« »

エルグランドE51前期型 その2 ボディの整形と塗装

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : フジミ Post : 217-2


ボディの整形

エルグランドE51前期型 ボディの整形

エルグランドE51前期型 ボディの整形

エルグランドの制作記は前回の更新が21日でしたからもう1週間以上も空いてしまいました。その間ほったらかしになっていたわけじゃなく、ちまちまと作業を進めてきました。

全体にサフを吹いてみると、もうアラが見えるのなんのって・・・ヒケを見つけたりキズを見つけたりした部分はパテで埋め、ペーパーをかけ・・・さらにサフを吹きます。

エルグランドE51前期型 ボディの整形

エルグランドE51前期型 ボディの整形

仕上げは白色ですから、発色を考えてサフは白色を使います。サフを吹くたびに600番、1000番、1500番とペーパーをかけ、また足りない部分には溶きパテ(白色)を塗ったりして、またサフを吹き・・・と繰り返します。

なんとこれを数日かけて繰り返していたわけですから、3~4回くらいはやったでしょうか。

基本塗装

エルグランドE51前期型 基本塗装

エルグランドE51前期型 基本塗装

実はサフを吹き終わった状態の写真を撮るのを忘れていました。とはいえ、真っ白ですからあんまり変わりません。この写真をつや消しにした感じです。

サフの乾燥に丸1日ほど置いて、その後1000番、1500番、2000番までペーパーをかけて表面を平らにしました。

表面がツルツルになったところでいよいよ基本塗装です。クレオスのGX1のクールホワイトを何回にも分けて厚塗りしました。

基本塗装は丸2日ほど乾燥させてからはやりペーパーの1000番、1500番、2000番で水研ぎし、さらにコンパウンドで磨きました。これで表面はピッカピカです。

この上からウレタンクリアを吹くのですが、その前にMr.カラーの151ホワイトパールを吹き付けます。実はエルグランドの白ってホワイトパールって色でして、ちょいとパールが入ってるんですね。うちのはもう年期が入っているので、あんまりわかりませんが(涙)。

この後さらに2日ほど置いてもう一度表面を磨いてからウレタンクリアを吹くことにします。ウレタンクリアを吹いたら3日は何もできませんから、その間に足回りやインテリアを作ることにしましょう。

(全作品完成まで あと77)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »