トップAFVドイツ15cm重歩兵砲sIG33 その4 影吹き、

« »

15cm重歩兵砲sIG33 その4 影吹き、

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 237-4

寄り道で始めてしまったsIG33を先に完成させるべく、今日は塗装作業を行いました。ただ乾燥待ち時間が大半を占めるので、この作品に関して言えば大して進んでいません。実はプラモ日記に制作記を書いていない作品も作っていまして、そちらの作業を主にやっていたからです。よくばってあれもこれも手を出すといけませんね(笑)。

影吹き

15cm重歩兵砲sIG33 影吹き

15cm重歩兵砲sIG33 影吹き

自家製の影色で影吹きをします。ごちゃごちゃした砲架の奥の方に吹き漏れができるのを防ぐためと、基本塗装の影という二つの意味で行います。

タイヤブラックとマホガニーを1瓶ずつにフラットベースを半分ほど混ぜます。これを大きな瓶に入れて、溶剤でエアブラシに最適になる濃さまで(だいたい2倍希釈)薄めておきます。こうしておけばいつでもさっと塗れますから、便利ですよ。

砲架の部分は奥まで塗り残しがないようにがんばっちゃいますから、真っ黒です。

基本塗装

15cm重歩兵砲sIG33 基本塗装

15cm重歩兵砲sIG33 基本塗装

基本塗装も自家製のダークイエローです。Mr.カラーのダークイエロー、サンディブラウン、フラットホワイトを各1瓶ずつ大きな調色瓶にまるごと入れて混ぜるだけです。全て1瓶ずつですから、途中で塗料が切れてもまったく同じ色を作ることができます。これなら安心ですね。

Mr.カラーは隠蔽力がほどほどなので、影色を残しながら塗ることができます。タミヤの水性アクリルで同じ事をしようと思うと、ちょいと難しいので、わたしはもっぱらMr.カラーを愛用しています。ただし、ジャーマングレーなんかは影吹きをしてもあまり違いがわかりませんから、直接塗っちゃったりすることもあります。

今回はフィギュアも何もありませんから、残る作業は細部の塗り分けとウエザリングです。

(全作品完成まで あと89)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »