トップAFVドイツ計画駆逐戦車E-10 その2 車体の組立て

« »

計画駆逐戦車E-10 その2 車体の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 238-2


計画駆逐戦車E-10 車体の組立て

計画駆逐戦車E-10 車体の組立て

今日は大変な大雪で、朝から雪かきで良い運動をさせてもらいました。私の自宅兼オフィスの前の道は和が弥富市の駅前に通じる踏切の前でして、朝と夕方は結構な交通量です。古い町の中心部ですから道幅は狭く、毎日混雑するのですが、これがこの雪です。

毎朝夕市の委託を受けた警備員さん2名が交通整理をするのですが、今日はもうパニック状態です。ご近所のご主人も出てきてみんなで交通整理をしながら凍結した道路の雪をたたき割って除去作業を繰り返し、3時間の悪戦苦闘の末なんとか雪は撤去できました。それにしても疲れました。

そんなわけで今日は仕事のスタートが大幅に遅れ、そのままばたばたと夜になってしまいました。でも、プラモの制作は昨日行った分のアップですから、結構進んだんですよ。

本来なら足回りの組み立てをすることころなのですが、サスペンションパーツはパテ盛り後の乾燥待ちでして、先に車体を組み立ててしまいました。小さな車体ですから、そんなに時間はかかりません。

計画駆逐戦車E-10 蝶ねじを追加

計画駆逐戦車E-10 蝶ねじを追加

車体の両側に張り出したフェンダーは、フェンダーと言うには厚みがあります。無線機とかを入れるには薄すぎるような気もしますが、この中に何か入ったんでしょうね。

そのフェンダーの上には牽引ワイヤーが付きます。留め具は蝶ねじですが、キットでは省略されていますので、モケモケさんで買った、蝶ねじをつけておきました。

ただこの後、車体をひっくり返したりして作業することがあったので、半分ほど無くなってしまいました。こういった細かなパーツは最後につけた方がいいですね・・・って、ことでまだ修理していません。

計画駆逐戦車E-10 排気管を薄く削る

計画駆逐戦車E-10 排気管を薄く削る

車体後部です。エンジンデッキのメッシュはちゃんとエッチングパーツが入っています。このあたりは最近のキットではスタンダードですね。

排気管の先はドリルで広げてあります。キットのままでは分厚くて頑丈そのものですからね。(赤丸)

ジャッキの先のパーツは一番目立つ箇所に修復不能な押し出しピンの跡がありました。ようはあの奥まった四角の中央です。(青丸)
しかたがないので、ドラゴンの余剰パーツを拝借して解決しました。

計画駆逐戦車E-10 戦闘室天板

計画駆逐戦車E-10 戦闘室天板

照準機の潜望鏡が飛び出る部分のカバーはなんと可動します。本当は主砲の左右の首振りに連動するのですが、キットでは主砲は上下にしか動きません。もちろん照準機とも連動しません。チョイと残念ですね。(赤矢印)

換気扇のふたには真ん中にヒケがありましたので、瞬着で埋めて、削ってならしました。(青丸)

車体前面の装甲板

計画駆逐戦車E-10 装甲板の厚みがおかしい

計画駆逐戦車E-10 装甲板の厚みがおかしい

車体の前面の装甲板は戦車で一番分厚い装甲板が付きます。このE-10でも上面の装甲板との接合面を見るとかなり厚い鋼板が使われていることがわかります。

ところが車体のサイドを見てみると、プラモのパーツの厚みのままで、まるで装甲板の厚みに足りません。

パソコンを使って板の上面と下面に沿って平行線を引いてみました。どうやら2倍ほどに厚みを増やしてやる必要がありそうですね。

計画駆逐戦車E-10 溶接痕を移動

計画駆逐戦車E-10 溶接痕を移動

そんなわけで、一度パテで隙間を埋めて、新しい溶接の痕をつけてやることにしました。

溶接の痕ですから筋彫りではありません。こんな場所にまっすぐな筋彫りをするのは大変ですが、伸ばしランナーをまっすぐに貼るのはたいした技術もいりません。私にだってできます。

計画駆逐戦車E-10 溶接痕を移動

計画駆逐戦車E-10 溶接痕を移動

そして貼り付けた伸ばしランナーをヒートペンで溶かして溶接の痕のように加工するのですが・・・

これはチョイと難しいですね。温度が高すぎたようで、途中でぐちゃぐちゃになってしまいました。まぁ、でも自分なりにはこんなもんかと満足しています。

こういったディテールアップ(と呼べるのか?)はうまくやらないと私のように汚くなってしまいます(汗)。でも、たとえキレイにできなくてもこういった作業ってすごく楽しいですよね。

「トラペのやつ、装甲板の厚みも再現できないなんてしょうがないやつだな・・・」などと生意気にも鼻先で笑いながら作業をしている時って、なんだか自分だけの作品を作っている気分が最高潮になります。なんたって私だけのE-10ですからね。

(全作品完成まで あと89)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »