トップAFVドイツドイツ・4号突撃砲 その3 主砲とエンジンデッキ

« »

ドイツ・4号突撃砲 その3 主砲とエンジンデッキ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 242-3


主砲の組み立て

4号突撃砲 主砲の組立て

4号突撃砲 主砲の組立て

主砲を組み立てます。写真には砲尾しか写っていませんが、砲身も組み立てました。

4号突撃砲や3号突撃砲は天井の開口部が大きいのでハッチを開ければ中がよく見えます。そのためかドラゴンの3突4突のキットは戦闘室内部がわりと再現されています。とはいえ再現されているのは腰から上くらいで、床や足下はなにもありませんからインテリアが再現されているという訳ではありません。

4号突撃砲 分厚い排気管

4号突撃砲 牽引フックを真鍮線で置き換え

車体の後部には牽引ワイヤーを引っかけるフックが付いています。このパーツ、プラパーツでちゃんと再現されているのですが、たいてい完成までに折ってしまうので、最初から観念して真鍮線に取り替えておきました。

あれあれ、マフラーの排気管の口がかなり分厚いですね。これはうっかりしていました、ハンドリューターにバードリルを付ければ30秒ほどで作業は終わりますから、ちょいとやっておきましょう。

4号突撃砲 薄く削った排気管

4号突撃砲 薄く削った排気管

本当ならもう少し薄くまでがんばった方がいいのでしょうが、やりすぎて穴が開いてもいけません。ここらで止めておくのが賢明ですね。内側を黒く塗ればそれなりに目立たなくなります。

それにしてもほんのりとしたコーティングですよね。写真でお少し離れてみたらコーティングがあるのか無いのかわからないくらいです。ホント、どうやって金型を作ったんでしょうね。原型師さんてすごい!!

(全作品完成まで あと96)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »