トップAFVドイツドイツ・4号突撃砲 その4 戦闘室の組立て

« »

ドイツ・4号突撃砲 その4 戦闘室の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 242-4


4号突撃砲 戦闘室の組立て

4号突撃砲 戦闘室の組立て

エンジンデッキに続き戦闘室を組み立てました。4号突撃砲は4号戦車に3号突撃砲の戦闘室を乗せています。4号戦車は3号戦車よりも車体が長いので、戦闘室はより車体の中央に寄っており、そのた重量バランスが良く取り回しがよかったようです。ただしそのかわりに運転席が戦闘室内におさまりきらず、そのため運転席部分が大きく前に張り出しています。

エンジンデッキの形状なんかは4号戦車そのものですし、予備転輪のラックなんかも4号戦車のものですよね。3号戦車の転輪はもっと大型なので、エンジンデッキの上に積まれます。

4号突撃砲 予備履帯ラック

4号突撃砲 予備履帯ラック

反対側には予備履帯のラックがあります。予備履帯は車体の前部、前部の上、後部、そしてこの位置と4箇所もあります。この予備履帯ラックは4号戦車のJ型に付いているタイプのものですよね。こんなふうに車体だけで無くいたるところに4号戦車の面影を残しています。おもしろいですね。

4号突撃砲 無線機

4号突撃砲 無線機

インテリアのパーツとして砲尾以外に戦闘室側面に搭載される無線機が付いてきています。なかなかよく出来ているのですが、完成後は余りよく見えません。なにかあるかな・・・ってな程度です。でも開口部が大きいのでまるで見えない訳じゃ無いところが悩ましいところですよね(笑)。

(全作品完成まで あと96)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »