トップAFVアメリカM4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 その3 砲塔の組立て、組立て完了

« »

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 その3 砲塔の組立て、組立て完了

Category : AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 249-3


M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 砲塔の組立て

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型
砲塔の組立て

続いて砲塔を組み立てます。さすがはタミヤ製ということで、シャーマンの砲塔ならものの1時間もあれば組み立てが完了します。砲尾が入っていませんからね、簡単です。
ただ砲尾はいずれにせよ見えなくなるパーツですからキットに入っていなくてもたいして問題じゃありません。それよりも砲を支える砲耳に軟質プラのパーツを使い、砲を俯仰させても好きな場所で停止させられるというのが良いですね。金属製の砲身を入れても砲耳がクタクタで好きな位置で止められないキットが多い中で、タミヤのこの選択は非常に好感が持てます。

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 鋳造肌の追加

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型
鋳造肌の追加

砲塔は鋳造で作られています。キットの砲塔もそれなりに鋳造肌が再現されているのですが、ここはプラモということで少々大げさに鋳造肌を付けてみました。1/35ならホントはツルツルに見えると思いますけどね。

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 ハッチの取っ手のディテールアップ

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型
ハッチの取っ手のディテールアップ

ハッチの取っ手は車体のハッチと同様に0.4mmの真鍮線に置き換えました。大きく開いた車長用ハッチの裏側はなにがしかの留め具などがあるのでしょうが、よくわからないので(って調べるのをさぼっているだけですが・・・)、そのままにしました。

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 荷物ラックのディテールアップ

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型
荷物ラックのディテールアップ

荷物を積むためのラックが車体の前につきます。曲げた鉄板を溶接してそこに木の板をのせて棚にしています。キットには木の板(プラですけど)は入っていますが、それを乗せている鉄板は省略されています。これくらい付けて欲しかったな・・・
と文句を言っても始まりませんから、プラ板で自作します。サイズは適当ですが、形は箱絵を参考にしました。

実はこの棚、フェンダーに貼り付いていて、車体上部といっしょに取り外すことが出来ます。車体上部が乗った状態で履帯の取り付けができないので、車体上下の接着は塗装後にすることにしました。

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 組立て完了

M4A3シャーマン 105mm榴弾砲搭載型
組立て完了

これにてジャーマン戦車の組み立てが完了です。次はいよいよフィギュアの組み立てです。

(全作品完成まで あと97)

この記事は i-modellers 第4号に掲載された記事 を再編集したものです。

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »