トップAFVドイツフンメル後期型 その4 戦闘室の組立て

« »

フンメル後期型 その4 戦闘室の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 267-4


フンメル後期型

戦闘室左側

戦闘室の壁を組み立てます。それほど厚いとは言えない装甲版なので、キットでもしっかりと薄く成形されてい。

フンメル後期型

戦闘室右側

装甲版の内側には様々な器機などが貼り付いていますが、塗り分けの必要な機関銃や小銃などは後から接着することにしてフォルダーごと別にしてあります。

フンメル後期型

戦闘室後壁

また右の壁の薬莢ケースと後ろの壁の砲弾ケースも未接着のままですし、薬莢や砲弾自体も塗装後に接着するためにはめ込んであるだけです。

フンメル後期型

戦闘室を仮り組み

前の装甲版もランナーから切り出し、仮組みしてみました。この戦闘室の装甲版はドラゴンが金型技術の粋を尽くして作った極薄設計で非常にリアルでカッコイイのですが、私が買ってから3年以上も放置していたため、箱の中で変形してしまっていました。指でしごいてまっすぐに直すのですが、やはり多少のゆがみは残ってしまいます。

戦闘室は内側の塗装があるため、塗装してから接着するつもりだったのですが、どうもそうは行かないようです。接着剤をベッチョリ塗ってガッチリと接着して無理矢理に形を作らないと隙間が空いてしまいそうです。

プラモは発売になったらすぐ買わないとお店で変形してしまいますし、買ったらすぐに作らないと今度は自宅で変形してしまいます。古い在庫はもうどうしょうもないので、最近買ったキットはなるべく早めに作ることにします。反省、反省・・・

(全作品完成まで あと88)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »