トップ道具貼って剥がせる糊【ピットマルチ2】

« »

貼って剥がせる糊【ピットマルチ2】

Category : 道具

Scale : Maker : Post : -


いったい何ヶ月とうより何年ぶりなんだろうってくらい間があいてしまった道具のコーナーです。読者からリクエストがあったので調子にのってアップしようと思います。実はプラモを作るための道具や材料は多種多様を極めており、ネタには事欠かないのですが、なにしろキットを作るのが楽しくてついついそちらにいってしまってるのが現状です。でも自分の使っている道具をもう一度見直しながら基本に立ち返るのも大切ですよね。そんなわけで道具のコーナー再開です。

貼って剥がせる糊

トンボ ピットマルチ2

トンボ ピットマルチ2

これはプラモ用の道具では無く、文具なんです。トンボという文具メーカーが作った貼って剥がせる糊のピットマルチ2といいます。2というからには1があったのでしょうが、私は知りませんw

白い糊が乾燥すると透明になるところは木工ボンドと似ているのですが、カチンコチンになる木工ボンドと違い、粘着性のあるゴム状になります。しかもポストイットのように貼ったり剥がしたりできます。

粘着性は思ったよりは強力で、逆に後からキレイに剥がすことはチョイと困難です。そんなわけで仮組みには向きません。だって本組みの時に今度はプラ用の接着剤を塗りたくてもこのピットマルチが邪魔をします。

じゃあ何に使うのかというと、私は戦車のハッチなどを留めるのに使っています。戦車のハッチのヒンジはそれほど接着力が必要無いので、これで簡単に可動式にすることができます。

その他にこれで連結式の履帯をつないだこともあるのですが、こちらは企画倒れにおわりました。できないこともないのですが、ちょっと切れやすかったですね。

使うときの注意としては、ピットマルチを塗ってからしばらく放置して半乾きになってから接着した方がしっかりと接着できます。どれくらいの時間放置するかは気温などの条件によってちがうでしょうから一概に言えませんが、表面が少し乾き加減になったらOKです。ゴムボンドと同じですね。

Bluebell Hobby エアブラシ教室

今日、三重県津市にあるブルーベル・ホビーさんで開催されたエアブラシ教室に参加してきました。エアブラシのトップメーカーのアネスト岩田の方が講師で、エアブラシについて正確な正しい知識を教えていただきました。

エアブラシに関してはモデラー同士の情報交換や雑誌の記事などを参考に自己流で覚えた技術でして、その中には都市伝説に近い様なガセネタもあったりして、自分の中で釈然としない部分も多々ありました。ブルーベルホビーの店主のブルーベルさんはそんな現状を憂えておられ、今回の講習会の開催となったわけです。

今日はブルーベルホビーの常連さん10名が受講され、中にはハンドピースを握るのも初めての方もみえたにもかかわらず、最後にはキレイなグラデーションを使って描かれた立体の絵を完成させるまでになりました。

津は電車で1時間ほどの距離にあり、少々遠いのですが、たまには電車で遠出もいいものですね。またこんな催しがあれば出かけたいと思います。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »