トップAFVドイツ38(t)15cm自走重歩兵砲グリレH型 その2 インテリアの組立て

« »

38(t)15cm自走重歩兵砲グリレH型 その2 インテリアの組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 269-2


グリレH型

運転席と操舵装置

この車輌、オープントップの開口部が大きいので中身が丸見えになります。そのためインテリアはフルに再現されます。

これは運転席と操舵装置です。実際にはペダルやレバーなどもう少しいろいろとつくのですが、そこは適当に省略されています。まぁ、これくらい再現されていれば十分ですけどね。

塗装の手間を考えて、それぞれのパーツは取り外し可能にしています。塗ってから組み立てですね。

グリレH型

エンジン

これはエンジンです。いくら開口部が大きいとは言ってもエンジンルームは蓋がかぶりますから見えないのですが、ついでなのでしょうかエンジンもここまで再現されています。

グリレH型

割と再現されている機関室内部

エンジンルーム内の器機もわりとちゃんと再現されており、ラジエターやバッテリー、燃料タンクなんかもちゃんと作られています。

グリレH型

エンジンデッキを乗せてみた

エンジンデッキを乗せてみるとエンジンはこれくらい見えます。ここはハッチを開閉式にしようかどうかの思案のしどころですよね。

ただエンジンデッキの上にも戦闘室の後部がかぶってきていますし、砲弾ケースものかってきます。こりゃふさいじゃった方がいいかもしれませんね。

(全作品完成まで あと88)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »