トップキャラクターサウザンド・サニー号 新世界編Ver. その3 船尾デッキ

« »

サウザンド・サニー号 新世界編Ver. その3 船尾デッキ

Category : キャラクター

Scale : Non Scale Maker : バンダイ Post : 270-3


サウザンド・サニー号

甲板の塗分け

船首デッキに続いて船尾デッキを作ります。船首デッキには操舵席があったのですが、船尾デッキには食堂が乗っかっています。

まずは甲板上の物を塗分けます。後部デッキにある長方形の蓋はこの下にある生簀(いけす)の蓋で、新鮮な魚をこの中で飼っています。金属製の取っ手もちゃんとモールドされています。

サウザンド・サニー号

釘の頭も塗分ける

甲板の板にはこのスケールにしては大きすぎるほどの釘(人間の拳ほどの頭がついています)がモールドされています。最初は塗分けるつもりは無かったのですが、ここまで大きいと塗ってやらないわけには行きません。というか塗分けられるギリギリのサイズで作られているので、手間はかかりますが、チョンチョンと塗分けました(^_^;)

食堂

サウザンド・サニー号

船尾デッキの食堂

食堂を作ります。屋根の上には竈の煙突がありますから、キッチンは右舷側ということになりますね。こうしてみるとかなり広い食堂です。窓もたくさんあるので、海を眺めながらの食事はなかなか気分がいいでしょうね。

サウザンド・サニー号

甲板のウオッシング

おっと書き忘れましたが、食堂やその下の階(居室かな?)の壁を取り付ける前に床と階段をウオッシングしました。白い壁にウオッシング塗料がついて薄汚くなるのがいやなので、甲板のウオッシングは先に済ませておきました。

(全作品完成まで あと90)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »