« »

イギリス・25ポンド野砲Mk.2 その5 完成!!

Category : 完成 AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 272-5

フィギュアの塗装

25ポンド野砲Mk.2

フィギュアの塗装

フィギュアを塗装します。塗料はアメリカーナというトールペイント用の水性アクリル塗料です。非常にコストパフォーマンスに優れており、扱いやすいだけでなく、タミヤやクレオスと比べても数分の1ですし、ファレフォとかと比べると桁違いの安さです(笑)。

25ポンド野砲Mk.2

フィギュアの塗装

足をクリップで挟んで持ち手とし、足先以外を塗ります。アメリカーナの唯一の欠点は塗膜の弱さです。ただしメーカーさんの名誉のために書くなら、トールペイント用の塗料を本来の目的外に使っているのですから、塗膜の弱さはいたしかたないと思いますよ。

25ポンド野砲Mk.2

フィギュアの仕上げ

ここまで塗れたら塗膜の保護のためにラッカーのツヤ消しクリアを吹いてオーバーコートしておきます。

25ポンド野砲Mk.2

フィギュアの仕上げ

ソックスや靴、さらには腕時計や弾薬など細部を塗分けます。皮膚や髪の毛、ヘルメットに砲弾などの金属部分はツヤ消しのままでは死んだ感じになっているので、半ツヤのクリアを筆塗りします。特に今回はアフリカの日差しのしたで汗をかいているようにしたいので、いつもよりもツヤツヤにしてみました。

25ポンド野砲Mk.2

フィギュアの仕上げ

久しぶりに6人も塗りました。結構時間がかかりますね。裸の上半身がなかなかうまく塗れなかったのですが、慣れてくると服を塗るよりも楽ですね。ほとんど塗り分けが必要無いというのがその理由なんですけどね。

完成!!

イギリス・25ポンド野砲Mk.2 1/35 タミヤ

タミヤのキットをそのまんまリニューアルしたかのようなサイバーホビーの25ポンド野砲Mk.2の完成です。この砲の砲兵たちは半裸じゃないといけないようになってしまいそうですね(笑)。

最近フィギュアがセットされているキットが少なくなってきている中、これはウレシイですね。最初に新発売のアナウンスを聞いたときは牽引状態で作ればいいや・・・って思っていたのですが、戦闘状態で作る事が出来ました。今回はここで一旦完成としますが、いずれ地面を付けたいと思います。このままでは飾りにくいですしね。その時はクォード・ガントラクターも一緒に飾りましょう。

ブロンコからもより精密なキットが発売されたのですが、こちらはフィギュア付きというところがポイント高いですね。タミヤ同様に半裸のフィギュアが付属します。この砲を扱う兵士たちはみな裸だったかの誤解を与えそうです(笑)。弾薬運搬車が付いてくるところもタミヤと同じですね。でもタミヤで省略されていた部分もしっかりと再現されていたりで、なかなかナイスな出来です。全部飾るとなるとちょっとしたスペースが必要になります。ベースが欲しいですね。無線機のマイクやヘッドフォンなんかも複数のパーツで精密に作られています。待ち伏せという戦術をとる対戦車自走砲は、フィギュアのポーズはなかなかいいかんじですが・・・砲の操作をしている兵士の手はハンドルやレバーにジャストフィットというわけにはいきませんでした。私が未熟ってのもあるかもしれませんが、砲手の顔の位置などは照準器を覗くことはでそうもありません。

(全作品完成まで あと88)

この記事は i-modellers に掲載された記事 を再編集したものです。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »