« »

クォード・ガントラクターCMP FAT-2 その7 スミ入れ

Category : AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 273-7

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

スミ入れ

スミ入れをします。AKインターラクティブのスミ入れ用塗料のリトリーキング・グライムを原液のまま細い筆でスミを入れたいところに塗ります。そしてそのまま一度乾かします。

平らな広い面には雨だれの跡を付けるために線をランダムに入れておきます。アフリカで雨だれ?と思われるかもしれませんが、戦闘が行われたのはサハラ砂漠のまっただ中ではなく、海岸に沿った地域で、そこでは日本の太平洋側の冬程度の降水量があります。そして基本的に水は貴重ですから洗車なんかするはずもなく、車輌は結構汚れていると思うのです。まぁ、そんなわけで、北アフリカでも雨だれあとはちゃんと付けようと思います。

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

拭き取り

スミ入れ塗料が乾いたら、溶剤を染ませた平筆で、塗料を拭き取りながらのばしていきます。筆は重力の方向に動かしながら自然な雨だれの筋になるようにします。

シャーシは部分的には拭き取りがしにくい部分があるので、ここは薄めて流すだけにしています。特にホイールは残し気味の方が良い感じに仕上がるので、ほとんど拭き取りません。

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

ツヤ消しクリアをオーバーコート

拭き取りが完了して、塗料や拭き取りの溶剤がすっかり乾いたら、つや消しクリアを吹いて塗料の保護とツヤの調整をします。次は窓を取り付けていよいよ仕上げます。

(全作品完成まで あと88)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »