« »

ヴィットマン最後のティーガー その6 デカール貼り

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 276-6

ヴィットマン最後のティーガー

デカール貼り

デカールを貼りました。凸凹の面に貼るので大変そうですが、ドラゴンのキットに付属するカルトグラフ製のデカールは丈夫さとしなやかさではピカイチですので、誰でもキレイに貼ることが出来ます。マークソフターをたっぷり塗ると柔らかくなるので、そのまま少しばかり抑えてやるとキレイに密着します。

この車両の車両番号は特徴的で斜めにずれて描かれています。これは天板に平行になるように描かれているようですよ。

ヴィットマン最後のティーガー

コーティングを削ってごまかした(;^_^A

例のコーティングを加工しわすれた件ですが、あきらめようかとも思ったのですが、ここは奮起して小さなノミで削って平らな面を作りました。余り彫りすぎると穴が開いてしまうので、コーティングが無くなるギリギリで止めるのですが、けっこうドキドキしました。

正確な四角になっていないのですが、周りが凸凹のコーティングのため気になりません。まぁ、なんとかなりましたね。やれやれです。

履帯の垂れ下がり

ヴィットマン最後のティーガー

履帯の垂れ下がり

履帯に挟んであったティッシュを外してみました。うまく車輪に貼り付いてくれたみたいです。第1転輪の上には貼っていないので、起動輪直後が上がり気味になってしまうのですが、起動輪と接している最後の歯の部分にしっかりと接着したので、垂れているようになってくれました。タイガー戦車の履帯をベルト式で作るときのキモはここですね。

デカールが乾くまで1~2日放置となります。その間にi-modellersのシャーマンクラブでも進めましょう。

(全作品完成まで あと88)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »