« »

ヴィットマン最後のティーガー その7 スミ入れ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 276-7

ヴィットマン最後のティーガー

スミ入れ塗料を塗る

デカールが乾いたら上からツヤを統一するために半ツヤのクリアを全体に吹きます。これでデカールを貼った部分の周囲がテカテカだったのが周りと同じになります。

そしてクリアの乾燥にさらに1日置いて、スミ入れに入ります。スミ入れはAKインターラクティブのスミ入れ塗料のストリーキング・グライムを使います。

写真のように墨を入れたい場所に塗り、乾燥させます。ツィンメリットコーティングの部分にはまだ塗りません。

ヴィットマン最後のティーガー

拭き取り

スミ入れ塗料が乾いたら、溶剤を染ませた平筆でスミを広げるように拭き取っていきます。ほとんどキレイに拭き取ってしまいますが、どうしても拭ききれずに残った部分が影や汚れとなります。

ヴィットマン最後のティーガー

スミ入れ

筆は重力の方向に動かし、筆目がそのまま雨だれの跡になるようにします。フェンダーや砲塔後ろの雑具箱を見ると筋が残っているのがわかります。

ヴィットマン最後のティーガー

スミ入れ

凸凹の多いコーティング面や車輪は薄めたスミ入れ塗料を流すだけにします。ここは拭き取りができませんから、最初から薄めにしています。

1日置いてスミ入れ塗料が乾いたら全体につや消しクリアを吹いて保護すると同時にツヤを統一します。

(全作品完成まで あと92)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »