トップAFVドイツ3/4号10.5cmleFH18自走榴弾砲 その10 基本塗装

« »

3/4号10.5cmleFH18自走榴弾砲 その10 基本塗装

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 279-10


基本塗装(暗色)

基本塗装(暗色)

いよいよ基本塗装です。例によって自家製のダークイエロー(クレオスのダークイエロー、サンディブラウン、フラットホワイトを全部同量)を中心に影色を加えた暗色とフラットホワイトを加えた明色の3色で塗装します。最初は暗色で天板以外はほぼ全面に塗装します。

基本塗装(中間色)

基本塗装(中間色)

つづいて中間色を塗ります。フェンダーの下や戦闘室の影になる部分などは暗色のまま残します。戦闘室の装甲版は下から上になるに従って次第に明るくなるようにグラデーションをかけます。

基本塗装(明色)

基本塗装(明色)

最後に明色を使って光が強く当たる部分を塗ります。塗料はほぼ真上からだけ当たるように吹き付けます。ハンドピースを真下に向けると塗料がカップからこぼれ落ちますから、当然キットをほぼ垂直に立てるように持って吹くのは言うまでもありませんね。えっ?そんなことをしてこぼすのはわたしだけですって・・・(+_+)\バキッ!

基本塗装 3/4号10.5cmleFH18自走榴弾砲

グラデーションの具合がよく分からないので真横から撮影した写真を掲載します。装甲版は上に行くにしたがって明るい色になっていますし、天板や砲身の上の部分はかなり明るくなっています。そしてそれとは対照的にハルの部分は全部暗色です。

屋外にある戦車に当たるのは室内の蛍光灯と異なり直進性の強い太陽光です。そのため蛍光灯の下にあるプラモでは出来る影が屋外の太陽光下に比べると弱くなってしまいます。グラデーション塗装はそれを補うための物と私は理解しています。

最後にデカールを貼る面をツルツルにするためにツヤ有りのクリアを吹き付けておきます。これが乾いたらいよいよデカール貼りですね。

(全作品完成まで あと91)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »