« »

タイガー&バーニー ワイルドタイガー その7 腕とワイルドシュート

Category : キャラクター

Scale : 1/8 Maker : バンダイ Post : 281-7

ワイルドタイガー

グリーンパーツの塗り直し

腕の制作に入るのですが、その前にライトグリーンの部分の色が気に入らないので塗り直すことにしました。最初は少し黄味がかかった緑ということでルマングリーンをベースにしたのですが、少し色が濁っていたみたいで白を混ぜたらくすんでしまいました。そこで今回は蛍光グリーンに白を混ぜて見ました。

左ふたつが蛍光グリーンベースで、右ふたつがルマングリーンベースです。写真で見るとどちらがキレイとも判断付かないくらいですが、あきらかに蛍光グリーンベースの方が派手になりました。

ただし蛍光グリーンはツヤ消しなので(なんで??)仕上げにツヤ有りクリアをオーバーコートしてツヤを整える必要があります。ちょっと面倒ですね。

ワイルドタイガー

腕のパーツの合わせ目

腕のこの部分にはパーツの合わせ目のラインが入ってしまいます。ここはアニメの設定通り消すことにします。ガンプラの達人たちならここでパーツの後はめ加工なんてことをするらしいのですが、私はややこしい加工はよく分からないので、普通にマスキングして再塗装です。今度ガンプラが得意な友達に教えてもらうことにしましょう。

ワイルドタイガー

整形完了

きれいさっぱり合わせ目は消えました。ツルツルです。

ワイルドタイガー

イエローパーツは塗装で仕上げた

クリアイエローのパーツは塗装で仕上げました。本当はシールが入っていてクリアパーツの下地に黄色のシールを貼るのですが、なんかクリアグリーンのパーツと違和感があったので、クリアパーツをクリアイエローで塗ってはめ込みました。

ワイルドタイガー

肩の装甲

肩の装甲です。シルバーパーツにシールで仕上げるようになっているのですが、グリーンの色を合わすために塗装しました。簡単なマスキング作業ですからたいした手間はありません。さすがに仕上がりは塗装の方がキレイですね。

胸の再塗装

ワイルドタイガー

胸の再塗装

最初に塗った胸のグリーンのパーツだけが色味が違うのが気になってきました。気になり出すと止らないのでマスキングして塗装です。塗装はうまく出来たのですが、マスキングを剥がすときに・・・デカールも全部取れてしまいました。(T_T)

バンダイは全てのパーツがアフターで請求できるのですが、お店経由では無く郵便小為替という明治時代のような(おおげさ)方法でしか注文できません。さすがに面倒です(^^;)

ワイルドタイガー

シールを貼ってみたものの・・・

とりあえずシールを貼ってみましたが、まぁわかるといえばわかりますし、あまり気にならないと言えば・・・

と思ったのですが、娘からだめ出しが出たのでアフターでデカールを取り寄せることにします。メンドクセ~

指の塗分け

ワイルドタイガー

指の塗分け

指もシルバーのシールが入っているのですが、ここは頑張って塗装で仕上げます。タミヤのペイントマーカーのクロームシルバーは非常にクオリティの高いテカテカのシルバーでして、これを使えば筆塗りでもかなりキレイなシルバーになります。

手は取り替え用にいくつも入っているのですが、塗っているうちに面倒くさくなってきて、使う分だけ塗装しました。当たり前ですが、指って5本もあってそりゃもう大変・・・(+_+)\バキッ!

ワイルドシュート

ワイルドシュートワイルドシュート

これはワイルドシュートと言って、腕の外装から出てくる秘密兵器です。ワイヤーロープを発射してスパイダーマンのように移動したり、何かをつり上げたりするのに使います。

白の部分は黄色を少し加えるように指定があったので、ドイツ戦車のインテリアカラーで塗装しました。いいクリーム色ですよね。

ワイルドシュートワイルドシュート

展開した状態がこれです。上の写真のパーツが展開できるわけでは無く、別のパーツで組み立てるようになっています。

手に持たせたのが右の写真ですね。もう少しチャンと握った手のパーツが欲しいのですが、これしかありません。左手は添えるだけ・・・ってね。

(全作品完成まで あと92)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »