トップAFVドイツ4号戦車砲塔搭載ベルゲパンター その9 迷彩塗装

« »

4号戦車砲塔搭載ベルゲパンター その9 迷彩塗装

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 294-9


足まわりのマスキング

足まわりのマスキング

迷彩塗装をする前に仕上げ済みの足回りをマスキングします。適当に切ったメモ用紙で足回りを包みます。こんなんで十分なんですね。

シュルツェンは取り外しできるようにしようと思ったのですが、余りに簡単に取れてしまうため、エアブラシの風圧で飛んでしまいます。しかたがないので全部接着してしまいました。

迷彩塗装

4号戦車砲塔搭載ベルゲパンター

迷彩塗装1色目

この車輌は1輛しか存在しなかった現場で作られた変態戦車なので、塗装は説明書の指示通り細い線がウネウネした3色迷彩で行います。本当は塗装図の通りに塗らなけりゃいけないのですが、塗装図には5面の内3面しか掲載がありませんから残りは想像で塗るしかありません。

4号戦車砲塔搭載ベルゲパンター

迷彩塗装2色目

塗装図にある部分を塗る時に指示通り塗ろうと思うと意識しすぎて不自然になっちゃうということも考えられるので、塗装図を眺めてイメージだけつかんだら、全部の面を自分の感覚だけで塗装しました。少しパターンが多い感じになっちゃいましたが、まずまずイメージ通りです。

砲塔の周囲に付くシュルツェンも車体や砲塔とパターンが繋がるように塗っておきました。

マスキングを剥がして迷彩塗装完了

塗料が乾いたらマスキングのメモ用紙を剥がします。

デカールを貼る位置にシルバリング防止の下塗りとしてツヤ有りのクリアを塗っておきます。十分に乾燥させてからデカールを貼ります。

(全作品完成まで あと86)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »