トップAFVドイツ計画偵察用軽戦車レオポルド その10 足まわりの汚しと組立て

« »

計画偵察用軽戦車レオポルド その10 足まわりの汚しと組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ホビーボス Post : 295-10


足回りの汚し

履帯の汚し車輪の汚し車体下部の汚し

履帯、車輪、車体をそれぞれ汚します。ピグメントをアクリル溶剤で薄い泥状に溶いて塗り、その上から粉上のピグメントをまぶします。ピグメントは3種類の色を用いて単調にならないようにしました。

ピグメントが乾いたら、硬い平筆でこすって余分を落とします。履帯はメタルカラーのダークアイアンを軽く吹いてあるので、地面にこすれる部分が鈍い金属光沢が出ます。

足回りの組み立て

一番奥の転輪を付ける起動輪と誘導輪を履帯に接着履帯を車体に接着

最初にいちばん奥の転輪を接着します。次に履帯に起動輪と誘導輪を履帯に接着します。そして接着した履帯を車体に取り付けます。

真ん中の転輪を接着外側の転輪を接着履帯の形を整える

真ん中の列の転輪を接着し、最後にいちばん外側の転輪を接着します。履帯と転輪の間に接着剤を流し、車体と履帯の間にティッシュを挟んで履帯を接着して出来上がりです。

今回十分長い時間車体に履帯をはめておいたつもりだったのですが、履帯が接着剤の揮発に伴って縮んでしまったようで、パンパンになってしまいました。特に右側は途中で切れてしまい、少し離れてしまったのですが、もう直しようがありません。久しぶりの失敗です。まぁ、あまり目立たないからいいようなものの、ドラゴンではこんなことはなかったので、メーカーによってプラの材質が違うんでしょうかね。次からトラペのキットは気を付けることにしましょう。

(全作品完成まで あと88)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »