トップAFVドイツ計画偵察用軽戦車レオポルド その3 砲塔の組立て

« »

計画偵察用軽戦車レオポルド その3 砲塔の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ホビーボス Post : 295-3


計画偵察用軽戦車レオポルド

砲塔の組立て

砲塔を組み立てます。砲塔はパンターF型のような非常にコンパクトな砲塔です。砲塔は戦車の中ではウイークポイントになるのでできるだけ小さい方が良いのですが、これじゃあかなり狭いですよね。

レオパルドは設計だけされて実際に作られることは無かったのですが、この砲塔だけは8輪装甲車Sd.Kfz.234/2 プーマの砲塔として生産されました。

計画偵察用軽戦車レオポルド

スモークディスチャージャーを薄削り

スモークディスチャージャーは基部はエッチングパーツが用意されていたのですが、本体はかなり肉厚だったので、バードリルで穴を広げて肉薄にしました。その際どこまで削ったかをわかりやすくするために断面にマジックで黒く塗って削りました。ただよく考えたら、ドラゴンの余剰パーツでスモークティスチャージャーのパーツはたくさん持っていたので、それを使えば良かったですね。(^_^;)

砲塔内部の塗装

計画偵察用軽戦車レオポルド

砲塔内部の塗装

砲塔を接着する前に内部を塗装しておきました。塗装と言ってもほとんど真っ白で、砲尾の部分と砲手用のペリスコープくらいを塗り分けるだけです。ざっくりと塗り分けてスミイレだけ済ませて組み立てました。

組立て完了 計画偵察用軽戦車レオポルド

これにて素組みでの組み立ては完了です。車体の長さは短いものパンターの足回りをそっくりそのま使った車体は非常にグラマラスなのに対し、砲塔はこのサイズの戦車にしてもとても小さく、とても面白いプロポーションの戦車ですね。

このま塗装の工程に入ってもいいのですが、やっぱりOVMとかが無いのは不自然なので、この後自分なりになんちゃってで追加しようと思います。どうせ計画だけの車輌ですから、ここからは私の自由ですからね。

(全作品完成まで あと89)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »