トップAFVドイツドイツ・1tハーフトラック3.7cm対戦車砲 Sd.Kfz.10 Op.475 製作開始

« »

ドイツ・1tハーフトラック3.7cm対戦車砲 Sd.Kfz.10 Op.475 製作開始

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 475-1


1tハーフトラック3.7cm対戦車砲 1/35 サイバーホビー

第二次世界大戦のおり、ドイツ軍は牽引車や兵員輸送車として様々なハーフトラックを作りました。その中でも最も小型のモデルが1tハーフトラックのSd.Kfz.10です。もちろん前輪がバイクのようになっているケッテンクラートがより小型のハーフトラックとしてありますが、まぁそれを除いたらということですけどね。この1tとうのは牽引できる荷物の重さです。

ちなみに、この1tハーフトラックを兵員装甲車に改造したのがSd.Kfz.250でして、タミヤの製品ではデマーグと呼ばれています。このデマーグというのがこのSd.Kfz.10を作ったメーカーの名前なんです。

Sd.Kfz.250は偵察などの用途に良く使われたのですが、こちらのSd.Kfz.10は荷台に大砲を乗せて自走砲に改造されました。作られたのは3.7cm対戦車砲や2cm対空砲を乗せたものがあったのですが、今回は3.7cmPak36を乗せたタイプを作ります。タイヤを外して砲架ごとそのまま乗せているのでかなり腰高になっています。大砲のサイズが小さくて威力が弱いこととも相まってそんなに役に立った気はしませんが、この弱っちそうな姿がなかなか味があります。

キットはサイバーホビーの1/35です。購入したのが2011年ですから9年前のキットです。このころのドラゴンは説明書がでたらめで結構苦労させられたのを思い出します。今回は久々のAFVでそんな苦労も楽しんでみようと思います。

では早速製作にはいります・・・

車輪の組み立て

車輪の組み立て

車輪を組み立てます。ハーフトラックですからタイヤの前輪があります。タイヤはゴム部分とホイール部分が別パーツになっているので、塗ってから組み立てる方が塗り分けは楽ですが、まぁこれくらいならと先に作っちゃいました。

非常に小さな車輌ですが、転輪は千鳥配列になっているので結構な数があります。

転輪

転輪のうち二枚貼り合わせタイプの転輪にはエッチングパーツが付きます。こんな細かな所まで再現されているなんてさすがサイバーホビーですよね。おかげで初日はここまでしか進みませんでした(;^ω^)

(全作品完成まで あと124)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »