トップ未分類1tハーフトラック3.7cm対戦車自走砲 その4 車体細部の組み立て

« »

1tハーフトラック3.7cm対戦車自走砲 その4 車体細部の組み立て

Category : 未分類

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 475-4


車体細部の組み立て

フェンダーやボンネット、対戦車砲を乗せる台など車体の細部を組み立てました。小さなパーツも多く、なかなか大変ですが、繊細な仕上がりは思いの外満足度が高いです。

詳しくは続きをどうぞ・・・

フェンダーと対戦車砲の架台

フェンダーと対戦車砲の架台

車体の左右にフェンダーを取り付け、そこに対戦車砲を載せる課題を取り付けます。対戦車砲は車輪を外しただけでそのまま乗せるので架台はとてもシンプルです。最初はフェンダーに接着してしまうつもりだったのですが、そうすると運転席のパーツを入れることができなくなるので、塗装後に接着することにしました。そのため架台は仮り組みで乗っかってるだけです。

車体後部の組み立て

車体後部を組み立てます。この大きな輪っかはなんのためにあるのかよくわかりませんが、実車の写真の中で有刺鉄線の束を引っかけたものを見かけました。今回は特になにもせずにこのままにしておきます。

車体前部の組み立て

車体前部の組み立て

車体の前部を組み立てます。左右のフェンダーにはOVMが乗ります。ヘッドライトは中に電球まで再現されています。レンズは塗装後にはめる予定です。

フロントグリルにはエッチングパーツでメーカー(デマーグ社)のエンブレムがつきます。ただデマーグ社との版権の関係で説明書にはその辺りを書くことが出来ないのか、一切の記載はありません。でもパーツが入ってますからね、実車の写真を参考に貼り付けました。説明書をよく見たら最後にチラリと書かれていました。(^^ゞ

OVMの台

この指が指しているところにはOVMを乗せる台がつくのですが、パーツを紛失してしまってどこを探しても見つからないので、プラ板で自作しました。形は説明書のイラストを参考にして現物合わせで作ったのですが、後から見つけた実車の写真と比べたら少し違っていました。まぁ、少しだからそのままでいきます。

赤丸で囲った所のパーツはD2なのですが、説明書の12番になんの記載も無くしれっと付いています。最初はこれも不明だったのですが、それっぽいものをランナーで見つけたので取り付けました。このパーツが無ければOVMのクランプが宙に浮いてしまい不自然ですからね。これで合ってると思います。ドラゴンの説明書はホント当てになりません。

各パーツの仮り組み

これまで作ったパーツを乗せて仮り組みしてみました。忘れていた運転席と助手席の座席も組み立てて乗せてみました。エンジンの左側を除けばとても密度感があっていいですね。やはりこのままにはしておけないので、エンジンの左側に来るパイプやコード、それにステアリングロッドなども追加で作る事にします。

フロントウインドウ

フロントウインドウの組み立て

フロントウインドウを作ります。窓ガラスをマスクするためのマスキングシートも付属しているので、塗装の前に貼り付けておきます。逆にワイパーはマスキングシートを剥がしてから取り付けるのでまだ付けてません。

車体細部の組み立て

切り出したボンネットやフロントウインドウも乗せてみました。これで車輌部分の組み立ては完了です。続いて対戦車砲の組み立てに進むのか塗装をして車体部分を進めるのか決めないといけないですね。

(全作品完成まで あと124)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »