« »

3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-8

エンジンの組み立て

変速機に続いて今回はエンジンを組み立てます。変速機では29個のパーツだったのですが、エンジンはなんと77個です。トランペッターの4号戦車(オストヴィント)では25個だったので、やはり3倍強のパーツ数です。

詳しくはつづきをどうぞ…

エンジンの組み立て

補器の組み立て

これはエンジンに付く補器のひとつです。エンジン本体より先に組み立てます。パイプがでているのですが、このパイプのもう一方はエンジン本体に付くので、ここで接着してしまうと、角度の調整ができなくなるので、差し込むだけにしておきます。

極小パーツ

極小パーツの取り付け

大抵はヘッドのパーツと一緒にモールドされているのですが、直径1mmほどのパーツが別パーツとして用意されています。とてもピンセットではつかめないので、筆の先を水で濡らして、パーツを貼り付けて運びます。中央のキャブレターの上にあるパーツにも同様の小さなパーツがあるのですが、これは1つを無くしてしまったので、2つともプラ棒の薄切りで自作してごまかしました。

補機類の取り付け

補機類の取り付け

説明書の指示通りに補機類を取り付けて行きます。大型のものは先に組み立ててあった物を付けます。先程のパイプはここで位置が決まります。

ここで説明書の間違いを見つけました。最初に正誤表で説明書を修正したのですが、この時A42は余分なので、消すように指示がありました。ところがA42はパーツがちゃんと2つありますし、取り付ける穴も2箇所あります。余分だったのはA41でした。こちらは既に使用済みでパーツはもうありません。

エンジンの組み立て完了

エンジンの組み立て
エンジンの組み立て

エンジンの組み立てが完了しました。このまま接着剤がちゃんと固まるのを待ちます。その後で、極小パーツのゲートやパーティングラインの整形をします。なにしろピンセットでもつかめないほどのサイズです、そのままでは手も足も出ないので、本体に貼り付けてから処理しました。

ファンベルトとプーリー

ファンベルトとプーリー

自動車のエンジンではファンベルトと呼ぶのですが、戦車の場合ファンは付いていないので何て呼べば良いのかわかりませんが、とりあえずファンベルトと呼んでおきます(;^_^A

普通は一体成型されることが多いのですが、ご覧の様に全部別パーツです。塗り分けは楽だけでなく、別パーツになることで、プーリーにはちゃんと溝があります。これはすごいです。

シャーシに並べてみた

エンジンを仮置き

エンジンを機関室内に仮置きしてみました。左右の空いている所には燃料タンクが、後の空いている所にはラジエターがくるようです。次の工程は運転席周りの制作になるのですが、その前に変速機とエンジンの塗装をしようと思います。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »