トップAFV大日本帝国八九式中戦車甲型 アヒルさんチーム その4 塗装

« »

八九式中戦車甲型 アヒルさんチーム その4 塗装

Category : AFV 大日本帝国

Scale : 1/35 Maker : ファインモールド Post : 381-4


塗装

組み立てが完了したのでとっとと塗装します。オリーブドラブの単色ですが、いつものように3種類の明度の色を作り角度によって塗り分けました。最後にデカール貼りの下地づくりとして全体をツヤ有りのクリアで吹いています。

詳しくはつづきをどうぞ…

サフ吹き

サフ吹き

まずは全体にサフを吹きます。若干ですが金属パーツもあるので、そこはプライマーを吹いてからさらにサフを吹いています。

足回りなど影になる部分はあとで影色をタップリ吹くので、サフはほどほどにしています。

影吹き

自家製チャコールグレーサフで影吹き

自家製のチャコールグレーサフ(マホガニーサフ+黒サフ+普通のグレーサフ)を使って奥まったり影になっている場所に影吹きをします。後部のソリの中はちょっと入り組んでいて塗りにくいのですが、まっ黒になるまで塗ってます。

履帯はこの色がベースとなります。

基本塗装

基本塗装(暗色)

車体はクレオスの38番オリーブドラブ(2)を基本色とし、黒を混ぜた暗色と白を混ぜた明色を作ります。まずは暗色で車体の下半分や奥まったところ、垂直になっている面を塗りました。砲の下なんかもこの色で塗っています。

基本塗装(基本色と明色)

続いて基本色で残りの部分を塗っていきます。今回はアニメの登場車輌なので、アニメのCGらしく面毎にハッキリと明度差が出るのを意識しています。

次に砲塔の反晩やエンジンデッキ、フェンダーの光の強く当たる部分に明色を軽く吹いています。

最後にデカールを貼るための下地としてツヤ有りのクリアを吹いています。大判のデカールを貼るので下地をしっかりしてやれば余白が目立たなくなるはずです。

(全作品完成まで あと100)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »