トップAFV大日本帝国八九式中戦車甲型 アヒルさんチーム その7 フィギュアの組み立て

« »

八九式中戦車甲型 アヒルさんチーム その7 フィギュアの組み立て

Category : AFV フィギュア 大日本帝国

Scale : 1/35 Maker : ファインモールド Post : 381-7


フィギュアの組み立て

戦車もおおむねできあがってきたので、ここらでフィギュアの準備をします。フィギュアはファインモールドから発売になったバレー部4人のフィギュアセットです。今回は組み立てとサフ吹きまでです。

詳しくはつづきをどうぞ…

フィギュアセットは制服着用

アヒルさんチーム・フィギュアセット

この夏に発売になったファインモールドのアヒルさんチームセットです。従来のガルパンフィギュアセットが高価なレジンフィギュアだったのに対して、数が売れるようになったのでしょうか、安価で扱いやすいプラキットとなりました。これで価格は1/3程度になりますから、すごく助かりますよね。

ただしこのフィギュアセット、なんと公式戦に参加したときの戦車道クラブのユニフォームを着ています。公式戦では戦車に「バレー部復活!」の文字はありませんから、デカールを思いっきり貼った戦車とは組み合わせられません。

設定を無視してそのまま作るか、戦車のデカールを剥がすか…といろいろと迷ったのですが、結局上着を削り取ってバレー部のユニフォームに改造することにしました。はたしてどうなりますでしょうか?

上着を削って体操服に改造

バレー部のユニフォームは戦車の箱絵に描かれているので、これを参考にします。襟は付いているのでそのまま残します。上着のポケットは全部削り落とし薄い体操服に改造します。

一番の難所は袖の無いノースリーブの腕にするのですが、肘当てをしている場合はその部分の袖を残して削ります。もちろん太さは調整しますが、曲げた腕によってできるしわが使うことができます。

この写真では向かって左側(右手側)が削り終えた状態です。結構手間がかかりますが、まぁなんとかなりそうです。この調子で4体とも改造します。

フィギュアの組み立てとサフ吹き

4体のフィギュアを改造して組み立てました。一度グレーのサフを吹いて表面の調子を見て、凸凹になっていたりする部分を修正しました。最後に白サフを吹いて出来上がりです。

バレー部のメンバーは他の戦車道部員達と違って制服の白いスカートでは無く、バレー部のブルマをはいているので、足は無修正で済んで助かりました。

(全作品完成まで あと100)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »