トップAFV日本陸上自衛隊・高機動車 その4 細部の塗り分けと組み立て

« »

陸上自衛隊・高機動車 その4 細部の塗り分けと組み立て

Category : AFV 日本

Scale : 1/35 Maker : モノクローム Post : 345-4


ダッシュボード

ダッシュボードの塗り分けと組み立て

ダッシュボードを塗分けます。ザッとエアブラシで塗ってあるので、境界を筆でキッチリと塗分け、細かなパーツも筆で塗分けました。

デカールを貼りました。どうやら室内禁煙だそうです。それどころか火気使用禁止みたいです。銃は撃ってもいいんですよね、タブン・・・

消火器にもデカールを貼って取り付けました。メーターもデカールが用意されており、貼ってからステアリングを接着しました。これでダッシュボードが完成です。

車体の組み立て

車体の組み立て

車体の組み立て

椅子なども別で塗装しておいたので、これらを組み立てます。レジンキットはパーツがゆがんでいることが多いのですが、このキットではブリスターパックに収められていたこともあり、パーツのゆがみは無く、インジェクションキットの様にキレイに組み上がってくれました。

幌の塗装

車体裏側の塗装

幌はまだ乗せているだけですが、完成後の雰囲気がよく分かりますね。良い感じです。

車体の裏側はまっ黒に塗られているのですが、ここに排気管を取り付けました。チラリと見えるエンジンは銀色系で塗分けてもよかったのですが、よく分からない上、塗分けても見えませんから、あえて塗分けることはしませんでした。

細部の塗分けと幌の窓の取り付け

レンズ部分の下塗り

ヘッドライトや方向指示器などのレンズがはまる部分の下地に銀を塗ります。これらはクリアパーツが用意されていますから、透けて見えますからね。ただし厚みがあるので、塗分けの境界はそれほど神経質にならなくても大丈夫です。車体にまではみ出なければ多少凸凹していても分かりません。

幌の組み立て

幌に内側から窓を貼りました。実車の幌にはビニール製のフニャフニャの窓が付くのですが、それがバキュームフォーム(たぶん)でそれらしく作られています。大きめに切って裏からクリアボンドで貼り付けました。

ずいぶん形になってきました。もう一息ですね。

(全作品完成まで あと87)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ